必要医師数・診療科別2015|医師求人ランキング

必要医師数・診療科別2015|医師求人ランキング

日本医師会が2015年に発表した、病院における必要医師数調査結果について、診療科別の必要医師数倍率、必要医師数をチェックしました。

必要医師数・診療科別2015イラスト

診療科別に見た必要医師数倍率

医師不足や医師偏在などが話題になりますが、果たして実際の診療科別の医師数の状況、求人状況はどうなのか、また地域ごとに見て医師の偏在はどうなのか〜医師確保対策の現状等を調査データから見てみたいと思います。

 

■必要医師数倍率=(現員常勤換算医師数+必要医師数(常勤換算))÷現員常勤換算医師数

 

■必要医師数:地域医療において、診療機能を維持するために確保しなければならない医師の必要数。※大学医学部の基礎研究系の医師、初期臨床研修医は対象外

 

診療科別に見た必要医師数倍率を高かった順に上位20科目ピックアップしました。
■診療科別必要医師数倍率グラフ(常勤換算ベース)
必要医師数・診療科別グラフ

 

■必要医師数倍率(診療科別上位20科目)
必要医師数倍率・診療科別表
出典:日本医師会・病院における必要医師数調査結果
調査基準日は2015年5月1日現在
調査対象:全国の病院/有効回答4,319 施設
グラフ・表は当サイト編集部で作成

 

■【参考】厚生労働省データ 2010年(平成22年)必要医師数実態調査
厚生労働省必要医師数倍率2010表
※出典:厚生労働省データ 2010年(平成22年)必要医師数実態調査

日本医師会2015年と厚生労働省2010年の必要医師数倍率を比べてみると、リハビリテーション科、救急科、産科、心療内科、病理診断科など上位に同じ科目があり、医師の必要性が継続して高い状況であることがわかります。

 

■リハビリテーション科の一般病院数年次推移
リハビリテーション科一般病院年次推移グラフ

今回必要医師数倍率が一番高かった、リハビリテーション科の一般病院数の増減を見てみると、平成20年(4,954施設)から年々増加しており、平成25年(5,263施設)となっています。高齢化が進行する日本には今後よりニーズの高い重要な科目であることがデータからわかります。
※出典:厚生労働省データ 平成20年〜25年(グラフ・表は当編集部で作成)

>>リハビリ科の詳細はこちら

診療科別必要医師数(常勤換算ベース)

次に必要医師数(常勤換算ベース)を診療科別に上位20科目ピックアップしてみました。

 

■必要医師数・診療科別2015年グラフ
必要医師数2015グラフ(日本医師会)

 

■必要医師数・診療科別2015年
必要医師数2015表(日本医師会)
出典:日本医師会・病院における必要医師数調査結果
調査基準日は2015年5月1日現在
調査対象:全国の病院/有効回答4,319 施設
グラフ・表は当サイト編集部で作成

現員医師数・診療科別

さらに、この調査結果の現員医師数データも比較のために記載しておきます。

 

■現員医師数・診療科別グラフ(2015年)
現員医師数2015グラフ(日本医師会)

 

■現員医師数・診療科別表
現員医師数表2015(日本医師会)
出典:日本医師会・病院における必要医師数調査結果
調査基準日は2015年5月1日現在
調査対象:全国の病院/有効回答4,319 施設
グラフ・表は当サイト編集部で作成

 

 

【おすすめ関連記事】
>>必要医師数(都道府県別)

おすすめ医師転職支援サービス

医師の転職には医師専門の転職支援サービスが便利で役立ちます。病院・クリニックなど全国の医療機関とのパイプがあり、求人票に掲載されていない独自の求人情報も多数保有しています。
おすすめ転職支援サイト3社
担当コンサルタントが転職の相談・アドバイスをしてくれます。まずは下記の実績&人気のある3社の無料登録からスタートしてみてはいかがでしょう。

上記無料公式サイトに登録すると、好条件の非公開求人情報をはじめコンサルタントの相談など全てのサービスが無料で気軽にご利用できます。
※厚生労働大臣から許可を得た事業者ですので安心してご利用ください。
(キャンセル可・複数登録比較OK)

 

>>医師求人ランキングTOPへ