救命救急センター|医師転職サイトなら医師求人ランキング

救命救急センターについて|医師求人ランキングBEST5

ドクターヘリ画像

前回の救急医療体制の現状に続き、ここでは救命救急センターの設置状況、評価の高かった施設BEST6、課題をはじめ救命救急センターの転職成功例等についてまとめました。

 

救命救急センターの運営方針は、「原則として、重症及び複数の診療科領域にわたる全ての重篤な救急患者を24時間体制で受け入れる事とする。」
正に患者側からすれば、医療の最後の砦でもある。極めて重要な医療機関であると思います。

 

全国の救急医療センターが整備されて、以前に比べると緊急患者の受け入れ態勢も向上しているが、地域ごとの対応の格差や医師不足は解消されたわけではない。

 

◎救急医療体制の歴史(抜粋)

  • 1964年(昭和39年):救急病院・救急診療所の告示制度スタート。
  • 1977年(昭和52年):初期、二次、三次の救急医療機関並びに救急医療情報センターからなる救急医療体制がスタート。
  • 1991年(平成3年):救急救命士制度をスタート。

 

>>★救命救急センターの医師求人はこちらの転職支援サイトへ


全国救命救急センター設置状況

救命救急センターは、現在、全国に266ヵ所ある。(2014年2月1日時点)
人口100万人あたりに対して最低1ヵ所、各県に1ヵ所が設置されている。
■高度救命救急センター(32施設)
■地域救命救急センター(12施設)
■ドクターヘリ基地施設(43施設)

 

【兵庫県の救命救急センターの例】

  • 兵庫県立西宮病院
  • 兵庫県立淡路医療センター(地域)
  • 製鉄記念広畑病院
  • 兵庫県災害医療センター(高度)
  • 兵庫県立姫路循環器病センター
  • 公立豊岡病院 但馬救命救急センター(DH)
  • 兵庫医科大学病院
  • 神戸市立医療センター中央市民病院
  • 兵庫県立加古川医療センター(DH)

(高度):高度救命救急センター
(地域):地域救命救急センター
(DH) :ドクターヘリ基地施設

 

兵庫県は、高度救命救急センター、地域救命救急センター、ドクターヘリ基地施設の3施設が設置されている都道府県です。

 

◎救命救急センターは規模や内容によって、下記のように名称が異なる。
・高度救命救急センター(特に高度な診療機能を提供)
・新型救命救急センターまたは地域救命救急センター(小規模・他のセンターの補完)

 

人気の医師求人サイトページへ

救命救急センター 評価BEST6

厚生労働省の評価項目の合計点数が高かった救命救急センターの上位6施設をピックアップしました。全国で一番評価点数が高かったのは、兵庫県の神戸市立医療センター中央市民病院 で、「101点」でした。

◎救命救急センターBEST6(平成26年度)
1位:神戸市立医療センター中央市民病院 (101点)
(兵庫県/運営:神戸市)

 

2位:東海大学医学部付属病院:(100点)
(神奈川県/運営:学校法人)

 

3位:東京医科歯科大学医学部附属病院:(99点)
(東京都/運営:国立大学法人)

 

4位:東京都立墨東病院 (96点)
(東京都/運営:東京都)

 

5位:日本大学医学部附属板橋病院 (95点)
(東京都/運営:学校法人)

 

6位:杏林大学医学部付属病院:(93点)
(東京都/運営:学校法人)

 

厚生労働省の評価について1施設だけ「C」であとは全て「A」でした。
ちなみに評価が「C」だった病院は、愛媛県立新居浜病院でした。

救命救急センターの課題

救命救急センターの課題について、診療体制と医師の体制について簡単にまとめてみました。全国に整備できていますが、地域格差がまだあるようです。

【診療体制の課題】

  • 急患の受入れ(疾病の種類によらない)が出来ない施設がある。
  • 受け入れ重篤患者数(年間)が、214人〜2,615人と施設によって、かなり受入れ患者数に差がある。

 

【医師の体制の課題】

  • 専従医師の人数が、各施設によって偏りがある。
  • 専従医師の人数が0人の施設・地域が6ヶ所ある。

 

◎救命救急センターのリアルな実態が伝わってくる本のご紹介

劇的救命日記(本)

【青森ドクターヘリ 劇的救命日記】
著者:今 明秀 八戸市立市民病院 救命救急センター所長

 

救命救急センターを一人で立ち上げ、ドクターヘリ導入実現したドキュメント。医療過疎地に奇跡を起こした医師の迫真の奮闘記。

 

日本の救命救急分野のパイオニアである今所長と救命救急センターのスタッフのリアルな心が熱くなる救命日記である。

 

救助現場へドクターヘリとドクターカーを同時に手配する独自の「サンダーバード作戦」で、医療過疎地の重傷患者を次々と救う。とありますが、我々世代にとって「サンダーバード作戦」というユニークな表現が妙に懐かしく、マッチした表現だと読んでいて感じました。

救命救急センターへの転職成功例

ここでは、ドクターの転職では当サイトでも大変人気のある、医師転職ドットコム(メディウェル)の救命救急センターへの転職成功例をご紹介します。

男性医師(40歳代)
医局を退去し、脳神経外科医⇒救命救急センターに転科に成功

 

転職成功ドクター

【転職前】
勤務地:埼玉県
科 目:脳神経外科
勤 務:週5日
年 収:1,300万円
職務内容:外来、救急対応、手術
  ▼
【転職後】
勤務地:埼玉県
科目:救命救急センター
勤務:4週8休
年収:1,300万円
職務内容:救急対応

 

【推奨】救命救急科の医師求人募集情報が豊富な転職支援サイト
救急科・救命救急センター医師求人募集の非公開求人情報が豊富で、転職成功実績が多いのは下記の転職サイトです。


★メディウェルの医師転職ドットコムは、救命救急科の求人数:約1,000件以上(2013年6月時点)保有。

上記無料公式サイトに登録すると、好条件の非公開求人情報をはじめコンサルタントの相談など全てのサービスが無料でご利用できます。
※厚生労働大臣から許可を得た事業者ですので安心してご利用ください。
(キャンセル可・複数登録可)

 

人気の医師アルバイト特集ページへ

 

 

【関連コンテンツ】

 

>>救急医療体制の現状へ

 

>>医師求人ランキングTOPへ