女性医師の現況と復職支援|医師求人ランキング

女性医師の現況と復職支援

女性医師の現況と復職支援について〜医師求人ランキングは医師の転職・復職を応援します!このページでは、女性医師の割合比率、悩み、離職率、結婚、出産、子育て、女性医師支援センター、女性医師バンク、働きやすい職場環境など関連するデータをチェック収集して当編集部でグラフ・表にまとめてわかりやすくご紹介します。また、女性医師が安心してご利用いただける今人気の医師専門転職サイトを厳選してまとめましたので、どうぞ最後までご覧ください。

 

>>★女性医師に人気の大手転職支援サイトはこちら

女性医師の年齢別人数と比率・割合

女性医師の転職・再就職事情のページで、女性医師の離職理由、若い世代の女性医師の比率、女性医師の年収、女性医師の雇用状況、女性医師の診療科別割合を調査してデータをまとめました。

 

ここでは、女性医師の現在の状況をもう少し詳しく、年齢別の男女医師の人数と割合でチェックしました。
◎年齢別にみた女性医師と男性医師の割合(%)
年齢別にみた女性医師と男性医師の割合グラフ

 

◎年齢別にみた女性医師と男性医師の人数(人)
年齢別にみた女性医師と男性医師の人数グラフ
出典:厚生労働省データ(平成24年 医師・歯科医師・薬剤師調査) *グラフは当編集部で新規作成

医師全体の年齢別就業数を見ると、40歳代がピークで、次に多いのが50歳代、30歳代の順番になる。女性医師は年齢別に見ると、若いほど就業人数の比率は高く、20歳代では35.5%を占める。大学の医学部の女性入学者数の割合は約30%〜35%(1994年〜2012年)を推移しており、今後、さらに女性医師の人数及び比率は高まると推測される。今後の課題は、結婚、出産、子育てにより、仕事と生活をうまく両立させることが困難となり、キャリアを中断せざるを得ないケースが多いことだ。

診療科別にみた女性医師と男性医師の割合(%)

女性医師の転職・再就職事情のページで、女性医師の診療科別構成割合をグラフでまとめました。ここでは、「診療科別にみた女性医師と男性医師の割合(%)」をグラフでまとめたので比較してご覧ください。

 

◎診療科別にみた女性医師と男性医師の比率・割合(%)
診療科別にみた女性医師と男性医師の割合グラフ
*1 産婦人科 、産科 、婦人科 、
*2 内科、腎臓内科、血液内科、糖尿病内科、呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、神経内科、アレルギー科、リウマチ科、感染症内科、心療内科
*3 外科 、消化器外科、乳腺外科、呼吸器外科、心臓血管外科、気管食道外科、肛門外科、小児外科
*4 リハビリ科=リハビリテーション科
出典:厚生労働省データ(平成24年 医師・歯科医師・薬剤師調査)

女性医師の診療科別構成割合では、1位:内科(16.5%)、2位:小児科(9.7%)、3位: 眼科、臨床研修医(8.5%)でしたが、診療科別の男女医師の比率を見ると、女医の高い科目BEST5は、皮膚科(44.3%)、眼科(37.5%)、麻酔科(36.3%)、小児科(33.7%)、産婦人科(31.5%)となります。上記グラフ参照

 

上のグラフを見ると、外科系診療科目の女性医師の割合は、特に低くなっていますが、実は、外科の年齢別就業人数において、20歳代の女性の割合は、20.8%と増加傾向にあります。これは、当サイト編集部の勝手な推測ですが、テレビドラマ『ドクターX 外科医・大門未知子』(主演:米倉涼子)医局や特定の病院や医局に属さない、フリーランスの女性外科医の活躍する大人気テレビドラマ。・・・の影響も少しはあったのかも知れませんね。(^_^)v

各機関における女性医師の支援

【各機関における支援】についてまとめましたのでご覧ください。

【医療機関】(職場における環境整備)

医療機関

(1)職場の理解
(2)相談窓口
(3)診療体制
(4)保育環境
(5)勤務体制
(6)復職支援

 

【大学】
復職支援、キャリア教育、キャリア形成支援 他

 

【学会】
復職支援、キャリア形成支援 他

 

【日本医師会】
各地域の取り組み例の紹介、女性医師バンク、病院管理者研修・講演会

 

【臨床研修・専門医制度】
中断や更新にかかる配慮 他

 

【自治体・都道府県】
相談窓口、院内保育所への補助、医療勤務環境改善支援センター他

 

【国】
女性医師バンク、都道府県への財政支援 他

女性医師を支援するサービス

【日本医師会女性医師バンク】
日本医師会は厚生労働省からの委託を受け、日本医師会女性医師支援センターの事業・日本医師会女性医師バンク(平成19年1月30日開設)を通じ、女性医師の就業継続および復帰支援など女医の活躍を支援しています。

 

【民間の医師転職支援サービス】
厚生労働大臣から許可を得た民間の事業者で、女性医師の転職支援で実績&人気があり評判の大手転職サイトをご紹介します。

 

【推奨】女性医師求人募集情報が豊富な転職支援サイト
女医求人募集の非公開求人情報が豊富で、転職成功実績が多いのは下記の転職サイトです。3社とも子育てとお仕事の両立をお考えの女性医師用のサポートが大変充実しています。
例えば、「女性医師におすすめ 」、「週4日勤務・当直なし」「子育て中の女性医師であれば、当直有無や勤務日数など相談可能。」など女性医師には嬉しい求人情報が多数あります。

上記無料公式サイトに登録すると、好条件の非公開求人情報をはじめコンサルタントの相談など全てのサービスが無料でご利用できます。
※厚生労働大臣から許可を得た事業者ですので安心してご利用ください。
(キャンセル可・複数登録比較OK)

 

>>女性医師の転職・再就職事情へ

 

>>女性医師の働きやすい職場へ

 

>>医師求人ランキングTOPへ