女性医師の働きやすい職場環境|女性医師求人ランキング

女性医師の働きやすい職場

女性医師イラスト

ここでは、女性医師の働きやすい職場をテーマにまとめてみましたのでご覧ください。
今、日本では、女性が安心して妊娠〜出産〜育児等ができる社会・職場環境の整備等、「女性が輝く日本!」として積極的に支援施策が実施されつつあります。

 

皆さんご存知のように、アベノミクスでは、3本目の矢である成長戦略の中核として女性の社会での活躍を支援を公言しています。また現在、厚生労働省も女性医師離職防止・復職支援に力を入れています。

 

>>★女性医師に人気の大手転職支援サイトはこちら


女性医師が子育てをしながら勤務を続ける必要な条件

『女性医師が子育てをしながら勤務を続ける上で必要な条件』を臨床研修修了者アンケート調査をもとに、多かった順番に上位7件をピックアップしましたのでご覧ください。
女性医師が働きやすい職場環境グラフ1
※多かった順に上位7番目までを掲載。
出典:厚生労働省データ(平成25年臨床研修修了者アンケート調査)

◎女性医師が子育てをしながら勤務を続ける上で必要な条件

  1. 職場の理解・雰囲気:(25.9%)
  2. 短時間勤務制度:(15.7%)
  3. 当直や時間外勤務の免除:(15.0%)
  4. 配偶者や家族の支援:(13.4%)
  5. 勤務先に託児施設がある:(11.3%)
  6. 休暇が取りやすい:(9.0%)
  7. フレックスタイム制度:(4.1%)

私も共働き時代に、子供2人を学童保育や保育所でお世話になりました。子育てしながら働くには、配偶者や家族、職場を含めた周りの人たちの理解と温かい支援が大切だと思います。

女性医師が希望する働きやすい職場環境とは

◎女性医師が希望する働きやすい職場環境とは
女性医師が働きやすい職場環境グラフ

  1. 「上司・同僚の理解と協力」(53.0%)
  2. 「託児育児施設の整備」(39.1%)
  3. 「24時間保育の実施」(31.6%)
  4. 「産休・育休取得時の代替医師の確保」(26.7%)

出典:厚生労働省データ(女性医師のさらなる活躍を応援する懇談会)平成27年1月
アンケート【女性医師の就業継続のための有効な環境整備策】

 

看護師の復職支援の場合と比較してみましょう。
◎看護師が復職するために必要な支援・活用したい制度(%)

  • 時間外労働の免除(49.5%)
  • 短時間勤務(44.9%)
  • 休日労働の免除(44.9%)
  • 夜勤の免除又は夜勤回数の軽減(33.9%)
  • 院内・院外保育(就学前)(20.9%)
  • 病児・病後児保育(20.3%)
  • 時差出勤・フレックスタイム(17.1%)
  • 学童保育(11.8%)
  • ベビーシッター・保育ママ(2.1%)

出典:厚生労働省・看護職員就業状況等実態調査結果

やはり、看護師も女性医師もライフスタイルに合わせた働き方、子育てに関する柔軟な対応を希望する女性が多いのが良くわかります。横浜市のように「保育所待機児童解消プロジェクト」を発足して、自治体をあげて支援体制の整備に力を入れて、成果をあげているところも出てきました。

女性医師が転職を考える時

女性医師が働きやすい職場・環境をアンケート結果を見てきました。では、実際にどんなタイミングで転職や離職を考えるきっかけになるのでしょうか。
ここでは、女性医師が転職を考える時やタイミングについて、医師転職支援サービスで人気のある【医師転職ドットコム】からご紹介します。(運営会社:メディウェル)

◎女性医師が転職を考える時について

  • 後期研修先
  • 専門医取得のため
  • 妊娠
  • 出産・子育て
  • キャリアアップしたい
  • 親の介護
  • 配偶者の転勤
  • 年齢に伴う体力の低下
  • 子供が独立
  • 激務

>>医師転職ドットコムの詳細ページ

女性医師に人気のある転職支援サービス

【推奨】女性医師求人募集情報が豊富な転職支援サイト
女医求人募集の非公開求人情報が豊富で、転職成功実績が多いのは下記の転職サイトです。3社とも子育てとお仕事の両立をお考えの女性医師用のサポートが大変充実しています。
例えば、「女性医師におすすめ 」、「週4日勤務・当直なし」「子育て中の女性医師であれば、当直有無や勤務日数など相談可能。」など女性医師には嬉しい求人情報が多数あります。

上記無料公式サイトに登録すると、好条件の非公開求人情報をはじめコンサルタントの相談など全てのサービスが無料でご利用できます。
※厚生労働大臣から許可を得た事業者ですので安心してご利用ください。
(キャンセル可・複数登録比較OK)

 

>>女性医師の転職・再就職事情へ

 

>>女性医師の現況と復職支援

 

>>医師求人ランキングTOPへ