医師転職支援サイトの選び方(チェックポイント)

医師の転職支援サイトの選び方

医師転職サイトの選び方イラスト

 

★転職支援サイトを選ぶ時はここをチェックすればOK!

 

青マーク転職成功の実績があるかどうか?
⇒当サイトでご紹介している会社は実績(転職成功数)も転職後の満足度も抜群です。

 

青マーク希望する診療科の非公開求人情報をたくさん保有しているか?
⇒ご紹介している会社が持っているデータの大半が非公開求人情報です。
 ※各社保有する非公開求人情報は異なりますので、複数の会社に登録して比較検討してみましょう!

 

青マーク担当のコンサルタントのスキルや相性はどうか?
⇒ご紹介している5社は、特にコンサルタントの対応が好評な会社を厳選しています。
 ※プロの医療専門の転職コンサルタントが対応。

 

青マーク厚生労働大臣から許可を得た事業者かどうか?
⇒今回ご紹介している会社は全て許可を得ています。
 ※登録〜紹介〜就任までドクターは全て無料でご利用できます。費用は求人を依頼した医療機関が負担します。

 

青マーク個人情報保護は厳守されているか?
⇒下記でご紹介している5社は、個人情報保護を厳守しています。
 ※「プライバシーマーク」(財)日本情報処理開発協会発行」を取得している会社もあります。

 

青マーク対応している地域(エリア)はどうか?
⇒ご自分の転職希望エリアが含まれているかチェックしてみましょう。
 ※今回ご紹介の会社は全国対応です。(マイナビDOCTORは主に首都圏)

 

 

医師転職サイトOKイラスト

医師転職サイト人気ランキング

★各社とも独自の医師の非公開求人情報を多数保有しており、担当のコンサルタントの対応が評判のおすすめ転職サイトです。

エムスリーキャリア

エムスリーキャリアTOPイメージ

 

【エムスリーキャリア/ m3.comCAREER特徴】
日本最大級の医療従事者専用サイト【m3.com】(25万人の医師が会員登録)を運営するエムスリー(SONYグループ)の医師転職支援サービス。転職医師満足度96.1%(2014年アンケート実績)。転職希望医師の登録実績5年連続第1位。年収の向上を希望した医師のうち88.7%が年収アップ。

 

運営会社:エムスリーキャリア株式会社

【エムスリーキャリア公式サイト】

▼(登録1分・利用無料)▼

詳細・登録はこちら

 

 

医師転職ドットコム

 

【医師転職ドットコム特徴】
病院経営のコンサルティングも行っている(株)メディウェルが運営。メディウェルはアインファーマシーズ(東証一部上場)のグループ会社です。登録求人数は39,480件以上(業界No.1)、平均年収アップ率は146.6%を実現。これまでのご自身のキャリア・スキルを生かし、年収アップをお考えの医師の方に最適です!

 

運営会社:株式会社メディウェル

【医師転職ドットコム公式サイト】

▼(登録1分・利用無料)▼

詳細・登録はこちら

 

リクルートドクターズキャリア

 

【リクルートドクターズキャリア特徴】
リクルートの医師専門の転職支援サービス。専門のキャリアアドバイザーが医師の転職を丁寧にサポート!求人情報は常時10,000件以上!日本全国の非公開情報も多数を保有する。医師専門の転職支援として30年の歴史と実績とそのノウハウによる転職サポートが評価されている人気の医師転職サイトです。

 

運営会社:株式会社 リクルートメディカルキャリア

【リクルートドクターズキャリア公式】

▼(登録1分・利用無料)▼

詳細・登録はこちら

 

マイナビDOCTOR(首都圏の医師転職)

 

【マイナビDOCTOR特徴】
マイナビが運営する医師専門の転職支援サービス。首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)の医師求人に強いのが特徴。高額年収〜ゆったり勤務など要望にマッチした求人を紹介。転職のプロ・マイナビのキャリアパートナーが、年収や待遇の交渉を代わりにするので安心。産業医や企業求人も豊富。医師転職、医師アルバイト両方に対応。

 

運営会社:株式会社マイナビ

【マイナビDOCTOR公式サイト】

▼(登録1分・利用無料)▼

詳細・登録はこちら

 

Dr.転職なび

 

【Dr.転職なび特徴】
担当スタッフは全員が医療経営士の資格保有者。国内の11エリアの事業所スタッフが毎日、情報更新&共有をしている為、全国の医療機関の最新情報・サービスを受けることができる。1万人以上の医師の皆様と約1万5千施設の医療機関に対して、年間3万件以上のマッチングを行い、医師の転職実績が年々増加しています。

 

運営会社:株式会社エムステージ

【Dr.転職なび公式サイト】

▼(登録1分・利用無料)▼

詳細・登録はこちら

 

 

上記ランキングについて
当サイト編集部が徹底的に医師転職・求人サイトを調査し、その中から医師の転職実績数、利用者満足度調査結果、年収アップ者比率、対応エリア、求人業種、雇用形態、当サイト会社別アクセス数を総合的に集計チェックして上位5社をランキング形式で表示しています。
(2017年7月1日現在の結果)

医師転職サイトTOP3社の口コミ・評判

当サイトで人気の医師転職サイト上位3社の特徴・会社概要・利用者の口コミ・評判をチェックしてみよう!

上記の無料公式サイトに登録すると、非公開求人情報をはじめコンサルタントの相談など全てのサービスが無料でご利用できます。
※厚生労働大臣から許可を得た事業者ですので安心してご利用ください。
(キャンセル可・複数登録比較OK)

よく読まれる医師コンテンツ

<医師の給料・年収特集> 医師の給料・年収をチェック!

 

医師給料・年収特集コーナー目次イラスト

テーマは、勤務医・開業医など働き方、診療科別、都道府県、役職別、年齢別、東京都との比較、世界との比較、研修医、各職場別、経営・開設者別、転科前後の比較など、各年代の政府各省庁データや関係機関の調査データもとに当サイト編集部でグラフ・表にまとめました。

 

>>医師の給料・年収特集コーナー

 

 

<医師転職豆知識特集> 医師転職時に役立つコンテンツ

 

医師転職豆知識コーナー目次イラスト

医師の転職時に知っておくと役立つコンテンツをまとめました。医師転職サイトの選び方、人気ランキングをはじめ、転科や医局の退局、高額求人、キャリアアップを目指し、症例数豊富な求人の探し方などテーマはバラエティ豊富です。(今後も随時追加の予定)

 

>>医師転職豆知識特集コーナー

 

 

<病院・医療データ特集> 気になる病院・医療関連のデータ

 

病院・医療データ特集コーナー目次イラスト

日頃気になる病院・医療データをチェックしてまとめました。病院・診療所の経営状態、黒字病院・赤字病院、病院グループ売上げランキング〜診療科別収入の比較、将来の医師の需給推計、医療訴訟件数の推移、診療報酬改定率の推移など幅広くタイムリーな話題にスポットを当てました。

 

>>病院・医療データ特集コーナー

 

 

<医療業界・気になる話題> 医局、マッチング等をCheck!

 

病院・医療データ特集コーナー目次イラスト

医療業界の気になる話題〜医局を退局⇒転職方法、大学病院医局をはじめ関連病院、研修医マッチング、医師賠償責任保険、医療訴訟、、在宅医療、訪問診療、救命救急センターなど医療業界の気になる話題をピックアップして独自にまとめました。

 

>>医療業界・気になる話題

 

 

<診療科別医師求人特集> 科目・テーマで医師求人Check!

 

診療科別医師求人特集(目次)

このコーナーでは、診療科目別の医師求人状況をまとめました。内科、外科、産婦人科、小児科、をはじめ産業医、訪問看護に至るまでをチェック。その科目の現員医師数、必要医師数〜一般病院数、医師募集例〜好条件が豊富な医師転職サイトのご紹介等。

 

>>診療科目・テーマ別医師求人特集

 

 

<医師の働き方の意向調査>

 

地方勤務のイメージ

ここでは、厚生労働省医政局の「医師の勤務実態及び働き方の意向」データ(2017年4月6日発表)をもとに、地方勤務に関する医師の年代別意向を中心にグラフと表でまとめました。

 

>>医師の働き方(地方勤務)

 

 

<「かかりつけ医」と「かかりつけ薬剤師・薬局」>

 

 

かかりつけ薬剤師・薬局・医イメージ

かかりつけ医、かかりつけ薬局、かかりつけ薬剤師を推進する厚生労働省の「患者のための薬局ビジョン」について各かかりつけ内容の定義、機能、メリット・デメリットをはじめ、みずほ情報総研のアンケート調査データ等を参照しながら実態をチェックしてみました。

 

>>かかりつけ医・薬剤師・薬局

 

 

<門内薬局の一部規制緩和>門内薬局の緩和と理由

 

 

門内薬局イメージ

医薬分業、門前薬局からかかりつけ薬局・薬剤師を推進する政府・厚生労働省は、病院で処方箋を受け取り、薬をもらうのにフェンスや公道を通って薬局まで行くのは、高齢者や体の不自由な人にとって大変不便ということから、限定的に医療機関敷地内に門内薬局併設を許可した。

 

>>門内薬局の緩和内容と理由

 

 

<リフィル処方箋と医薬分業>

 

 

リフィル処方箋イメージ

ここでは、医薬分業率と処方箋発行枚数をはじめ、薬局数と処方箋枚数年次数位、日本では未導入のリフィル処方箋のメリット・デメリットや日本医師会と日本薬剤師会との関係等についてまとめてみました。

 

>>リフィル処方箋と医薬分業

 

 

<医療事故調査結果>

 

 

医療事故調査結果イメージ2

今回のテーマは医療事故調査結果(2015年〜2016年)について。日本医療安全調査機構、日本医療機能評価機構及び厚生労働省データ等をもとに、月別の医療事故報告件数、都道府県別(累計・100万人あたり)、診療科別、開設者別にわけてまとめました。

 

>>医療事故調査結果

 

 

 

 

>>医師求人ランキング

 

>>人気の医師アルバイト特集

 

▲このページのトップへ戻る