副院長給与2015年|医師求人ランキングBEST5

副院長給与2015年(全国平均)|医師求人ランキングBEST5

ここでは、全国の副院長給与(年齢層別)と東京都内の副院長給与データを比較してみました。(※副院長 : 副院長:病院長に事故等のあるときの職務代行者

 

副院長の給与(全国と東京都比較)イラスト

 

人事院が平成27年に実施した、全国の民間給与調査データの中から医療関係の給与を抜粋し、各年齢層別と平均年齢時に分けて当サイト編集部でグラフと表にまとめました。調査対象は、全国企業規模50人以上(政府系、公共系、組合等は除く)の民間給与(平成27年4月分給与)データです。東京都のデータは東京都人事委員会の調査データ(平成27年4月分給与)です。

全国の副院長給与(年齢層別)2015年

まず、全国の副院長給与を年齢層別に見てみましょう。

 

全国の副院長給与(年齢層別)平成27年4月分
副院長の給与グラフ(全国)
※グラフの単位は見やすいように万円にしました。千円未満四捨五入

 

全国の副院長の給与と手当
副院長の給与表(全国)

※年齢層:○歳以上〜○歳未満
※出典:人事院 平成27年職種別民間給与実態調査
※グラフと表は当サイト編集部で作成

病院長の補佐役の副院長の給与はデータを見る限り、年齢とともに増額というわけではないようです。調査対象の医療機関の影響もあるのかもしれませんが、最も年齢層別で高かったのは40歳〜44歳で約181万円でした。反対に一番低かったのは、48歳〜52歳の年齢層で、給与は約144万円(時間外手当は約13万円と最も多かった。)

 

【参考データ】
東京都内の副院長給与(年齢層別)平成27年4月分
副院長の給与グラフ(東京都)

 

東京都内の副院長の給与
副院長の給与(東京都)表
※出典:東京都人事委員会 調査データ(平成27年)
※グラフと表は当サイト編集部で作成

年齢層の区切りが異なるので、同基準で比較はできないが、東京都と全国の副院長給与を比較すると、50歳〜60歳以上の年齢層で東京都が全て高くなっている。(何か理由があったのか、東京都の45歳〜49歳は約83.8万円と一般の医師より少ない。)

>>東京都内の医師給与(年齢層別・役職別)

副院長の時間外手当(年齢層別)2015年

全国の副院長の時間外手当を年齢層別に見てみましょう。東京都の副院長の時間外手当のデータは0円となっていたので比較はできません。

 

全国の副院長・時間外手当(年齢層別)
全国の副院長の時間外手当グラフ
※グラフの単位は見やすいように万円にしました。千円未満四捨五入

※年齢層:○歳以上〜○歳未満
※出典:人事院 平成27年職種別民間給与実態調査
※グラフと表は当サイト編集部で作成

副院長の時間外手当のデータでは、48歳〜52歳が13.1万円で最も多く、次いで44歳〜48歳の9.9万円となっている。ちなみに医科長の時は40歳〜44歳が19.8万円でトップだった。

病院長・副院長の求人募集が豊富な転職サイト

病院長、副院長、医師の転職には医師専門の転職支援サービスが便利で役立ちます。全国の病院・クリニックなどの医療機関との太いパイプがあり、求人票に掲載されていない独自の求人情報も多数保有しています。

 

おすすめ転職支援サイト3社
担当コンサルタントが転職の相談・アドバイスをしてくれます。まずは下記の実績&人気のある3社の無料登録からスタートしてみてはいかがでしょう。

上記無料公式サイトに登録すると、好条件の非公開求人情報をはじめコンサルタントの相談など全てのサービスが無料で気軽にご利用できます。
※厚生労働大臣から許可を得た事業者ですので安心してご利用ください。
(キャンセル可・複数登録比較OK)

 

【関連ページ】
>>病院グループの売上ランキング

 

>>研修医マッチング2015(人気病院)

 

>>医師求人ランキング