東京都と全国の医師給与比較|医師求人ランキング

東京都と全国医師の給与比較|医師求人ランキング

このページでは、東京都内で働く医師と全国の医師の給与比較(平成27年・役職別)〜全国の医師と東京都を含む関東地区の医師給与・年収を比較しました。(平成26年)

 

医師の給与比較TOPイラスト

 

 

■東京都と全国の医師給与比較グラフ(役職別)
両方のデータとも平成27年4月給与を対象に比較しています。
医師の給与比較グラフ2015(東京都・全国)

 

医師の給与比較表2015(東京都・全国)
※出典:全国データ=人事院 職種別民間給与実態調査(平成27年)
※出典:東京都データ=東京都人事委員会 調査データ(平成27年)
※グラフと表は当サイト編集部で作成

 

平均年齢の違いがあることを前提に、全国と東京都内の医師の給与を役職別に見て見ると、病院長、医科長、医師の給与は全国が東京都を上回ったが、副院長の給与だけは東京都が全国より15.3万円上回った。今回の東京都内のデータでも副院長が病院長を上回った。全国データでは病院長と副院長の給与には時間外手当が記載されていたが、東京都データは0円になっていた。

東京都と全国の医師年収比較

続いて、全国と東京を含む関東地区における医師の年収を総務省統計局の平成26年調査結果をもとに比較してみましょう。(都道府県別の医師年収の時に作成したデータを更新しました。)

 

■関東地区の医師年収比較(2014年)
東京都と全国の年収比較(平成26年)

 

東京都と全国の年収比較表(平成26年)

※下記の計算式で算出した数字ですので、あくまでも参考目安とお考えください。
※平均年収=(きまって支給する現金給与額×12ヶ月)+年間賞与その他特別給与額
※出典:総務省 統計局 平成26年賃金構造基本統計調査

 

■関東地区の医師平均年齢
関東地区の医師の平均年齢(平成26年)
※出典:総務省 統計局 平成26年賃金構造基本統計調査

 

■関東地区の医師平均勤続年数
関東地区の医師の勤続年数グラフ(平成26年)
※出典:総務省 統計局 平成26年賃金構造基本統計調査

 

総務省の医師男女計のデータ(平成26年)で見ると、東京都の医師年収・給与は全国および関東地区と比較して意外と低い結果になっています。
ちなみにこの調査をした平成26年の都道府県別の全産業の賃金の水準をみると、全国計(29万9600千円)よりも賃金が高かった地域は、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県、京都府、大阪府の5地域で、その中で東京都(38万3千円)でトップでした。

全国の医師求人募集が豊富な転職サイト

医師の転職には医師専門の転職支援サービスが便利で役立ちます。全国の病院・クリニック等の医療機関との太いパイプがあり、求人票に掲載されていない独自の求人情報も多数保有しています。

 

おすすめ転職支援サイト3社
担当コンサルタントが転職の相談・アドバイスをしてくれます。まずは下記の実績&人気のある3社の無料登録からスタートしてみてはいかがでしょう。

上記無料公式サイトに登録すると、好条件の非公開求人情報をはじめコンサルタントの相談など全てのサービスが無料で気軽にご利用できます。
※厚生労働大臣から許可を得た事業者ですので安心してご利用ください。
(キャンセル可・複数登録比較OK)

 

 

【おすすめ関連ページ】
>>診療科別の医師年収

 

>>医系技官の年収

 

>>医師求人ランキング