医師賠償責任保険|医師求人ランキング

医師賠償責任保険の比較|医師求人ランキング

病院や医師の訴訟リスクヘッジ、つまり自衛策として賠償責任保険があります。日本医師会に所属する開業医は日医賠償責任保険に加入でき、一般病院は任意で加入できる民間の損害賠償保険会社の病院賠償責任保険があります。ここでは、最近、特に加入者が増加している勤務医が個人で加入する医師賠償責任保険とその実態に注目してみました。

 

医師賠償責任保険に注目する医師イラスト

 

医療事故・ミスにより発生した賠償責任を補償するための医師賠償責任保険が販売されており、訴訟件数の増加に比例して需要が増えてきている。

 

■医療訴訟の新受件数の推移
医療訴訟新受件数の推移グラフ
※出典:最高裁判所データ
※グラフと表は当サイト編集部で作成

医師賠償責任保険の種類

医師賠償責任保険の種類について、日本医師会医師賠償責任保険、病院賠償責任保険、(勤務医)医師賠償責任保険があります。

 

■日本医師会医師賠償責任保険
日本医師会が運営する医師賠償責任保険。(日医会員の開業医の方は自動的に加入。)

 

■病院賠償責任保険
病院やクリニックの開設者を対象とした保険。医師や補助者等の医療行為が原因で、患者が死亡、または後遺症が発生した場合等に、損害賠償責任を負担することにより被る損害を補償する保険。

 

■医師賠償責任保険(勤務医)
医師の医療上の過失より、患者に障害が発生し、損害賠償請求を提起された場合、患者、その遺族に対して負担する賠償金等を補填する保険。

 

勤務医の医師賠償責任保険

★勤務医が個人で医師賠償責任保険に加入する人が増えているようです。

 

■勤務医が個人の訴訟リスク対策として医師賠償責任保険に加入する理由

 

【理由その1】
2000年頃までは、殆どの病院が勤務医包括担保特約の保険料を支払い、医師個人の訴訟リスクも負担していたが、病院経営も厳しくなってきているために、最近はこの医師個人の特約に加入しないケースが増えている。

 

【理由その2】
他の病院やクリニックでのアルバイトする勤務医が増えている。そのため、複数の病院勤務でも対応できる医師賠償責任保険に個人加入する医師の数も増えている。

 

勤務先の病院側が保険料を負担して加入するのが一般的だった、40歳以上の医師の保険の加入割合は少なく50%程度ということです。
医師賠償責任保険に未加入の医師で、アルバイトをする方は一度保険内容をチェックされてみてはいかがでしょうか。

おすすめ医師賠償責任保険(民間医局)

おすすめ医師賠償責任保険イメージ

 

■医師賠償責任保険【当サイトおすすめ】
民間医局の医師賠償責任保険は、常勤・非常勤の勤務形態および勤務内容を問わず、複数の施設で勤務する場合も、補償の対象となります。
※美容のみを目的とする医療行為を除く
お申込みは、ネットで手続きできます。印鑑も書類の郵送も不要でスピーディ!

 


>>ネットで簡単申込OK!医師賠償責任保険

 

・民間医局の医師賠償責任保険
・取扱代理店:株式会社メディカル・プリンシプル社
・引受保険会社:三井住友海上火災保険株式会社

 

★この医師賠償責任保険おすすめポイント
■お申込みは、ネットで簡単に手続きできます。
(印鑑も書類の郵送も不要なのでとても便利でスピーディ!)

 

■アルバイト勤務先も含めて複数施設が補償対象。

 

■団体割引適用なので保険料が安い。(20%OFF)
59,390円→47,710円
※今年度より、「嘱託医等の医師活動賠償責任補償」がセットされております。上記の保険料は、医師賠償責任保険(団体割引適用)と嘱託医等の医師活動責任補償の合計保険料です。

 

■弁護士報酬や訴訟費用にも保険が適用されるので安心です。

 

■手厚い補償でドクターを守る。

 

>>★医師賠償責任保険のネット申込はこちら

おすすめ医師転職支援サービス

医師の転職には医師専門の転職支援サービスが便利で役立ちます。今回まとめた全国の医療法人・病院グループの各医療機関とも太いネットワークがあり、求人票に掲載されていない独自の病院内部の情報も多数保有しています。
おすすめ転職支援サイト3社

上記無料公式サイトに登録すると、好条件の非公開求人情報をはじめコンサルタントの相談など全てのサービスが無料で気軽にご利用できます。
※厚生労働大臣から許可を得た事業者ですので安心してご利用ください。
(キャンセル可・複数登録比較OK)

 

 

【おすすめ関連記事】

 

>>医療訴訟件数の推移(全体)

 

>>医療訴訟件数・診療科別(1)

 

>>医療訴訟件数・診療科別(2)

 

>>医師求人ランキング