医療事故調査結果 日本医療安全調査機構|医師求人ランキング

医療事故調査結果(1) 日本医療安全調査機構2016年|医師求人ランキング

医療事故調査結果(1) 2016年

今回のテーマは医療事故調査結果(2016年)について。日本医療安全調査機構(医療事故調査・支援センター)及び、厚生労働省データ等をもとに、月別の医療事故報告件数、都道府県別(累計・100万人あたり)、診療科別、開設者別にわけてまとめました。

 

医療事故調査結果(1)イメージ

 

■医療事故調査結果2016(1)  ※今回のテーマ
一般社団法人 日本医療安全調査機構
日本医療安全調査機構 2016年(平成28年)年報
(H27年10月〜H28年12月迄のデータ)

 

 

■医療事故調査結果2015(2)  >>詳細はこちら
公益財団法人 日本医療機能評価機構
日本医療機能評価機構 2015年(平成27年)年報
(H27年1月〜12月迄のデータ)

 

厚生労働省の用語の定義
【医療事故】
医療の場所で、医療全過程において発生する全ての人身事故で、下記の場合を含む。(医療従事者の過誤、過失の有無を問わない。)
(1)死亡、生命の危険、病状の悪化 等の身体的被害及び苦痛、不安等の精神的被害が生じた場合。
(2)患者が廊下で転倒し、負傷した事例のように、医療行為とは直接関係しない場合。
(3)患者についてだけでなく、注射針の誤刺のように、医療従事者に被害が生じた場合。

 

※医療過誤
医療従事者が医療の遂行において、医療的準則に違反して患者に被害を発生させた行為。(医療事故の一類型)
※出典:厚生労働省 リスクマネージメントマニュアル作成指針

医療事故報告件数 2016年(月別)

日本医療安全調査機構の2016年(平成28年)の医療事故報告件数を見てみましょう。

医療事故調報告件数2016年グラフ

医療事故報告( 発生)件数
2016年は年間406件 (2015年10月〜12月:81件)
ちなみに2016年1年間の相談件数は1,731件だった。(2015年10月〜12月は597件)

出典:医療事故調査・支援センター 2016年・年報

医療事故報告件数 (都道府県別)

医療事故調査・支援センターによると、都道府県別の医療事故報告(発生)件数は、487件だった。期間:2015年10月〜2016年12月迄の累計

 

医療事故報告件数・都道府県別(多かった順にソート)

医療事故調報告件数(都道府県別)グラフ

 

都道府県

医療事故件数

東京

65

愛知

30

千葉

29

埼玉

27

大阪

26

神奈川

25

北海道

24

兵庫

24

福岡

24

茨城

19

※出典:日本医療安全調査機構 2016年・年報
※グラフと表は当サイト編集部で作成

 

病院イメージ

都道府県別・人口100万人あたりの医療事故報告件数

次は、47都道府県別・人口100万人あたりの医療事故報告件数を見てみましょう。

都道府県別・人口100万人あたりの医療事故報告件数

医療事故件数(全国平均以上)グラフ
※グラフは全国平均以上のデータのみ(下記の表は47都道府県)

都道府県

医療事故件数

宮崎

10.0

島根

7.1

茨城

6.6

京都

6.2

大分

5.8

三重

5.6

山形

5.5

富山

5.5

秋田

5.0

佐賀

5.0

熊本

5.0

東京

4.8

新潟

4.8

千葉

4.7

福岡

4.7

北海道

4.4

兵庫

4.4

滋賀

4.3

愛知

4.0

広島

3.9

静岡

3.8

徳島

3.8

全国

3.8

福島

3.7

埼玉

3.7

長崎

3.6

沖縄

3.6

鳥取

3.3

群馬

3.0

大阪

3.0

神奈川

2.7

栃木

2.5

石川

2.5

岐阜

2.5

長野

2.4

奈良

2.1

山口

2.1

愛媛

2.1

和歌山

2.0

香川

2.0

鹿児島

1.9

青森

1.5

岩手

1.5

高知

1.4

山梨

1.3

福井

1.3

岡山

1.1

宮城

0.9

※出典:医療事故調査・支援センター 2016年・年報
※グラフと表は当サイト編集部で作成

 

100万人あたりの医療事故件数(都道府県別)の全国平均は3.8件でした。
平均より多かったのは20地域でした。多かった順から、宮崎 10件、島根 7.1件、茨城 6.6、京都 6.2件、大分 5.8件の順でした。
平均より少なかったのは27地域でした。少なかった順から、宮城 0.9件、岡山 1.1件、山梨 1.3件、福井 1.3件、高知 1.4件でした。

 

・対象期間:2015年10月〜2016年12月
・人口100 万人あたりの報告件数とは、報告件数/人口×100万で算出
・人口は「平成27年人口推計」(総務省統計局)

※出典:医療事故調査・支援センター
※グラフは当サイト編集部で作成

診療科別・医療事故報告件数

診療科別に医療事故報告件数を見てみましょう。

診療科別・医療事故報告件数

医療事故調報告件数(診療科別)グラフ

 

診療科

医療事故件数

外科

77

内科

52

消化器科

38

整形外科

31

循環器内科

26

心臓血管外科

25

脳神経外科

20

産婦人科

19

小児科

16

泌尿器科

15

その他

15

産科

13

精神科

12

呼吸器外科

9

耳鼻咽喉科

8

神経科

6

呼吸器内科

4

歯科口腔外科

4

血液内科

3

リウマチ科

3

小児外科

3

婦人科

3

循環器外科

2

ペインクリニック

1

皮膚科

1

合計

406

※対象期間:2016年1月〜12月
※出典:日本医療安全調査機構 平成28年・年報
※グラフと表は当サイト編集部で作成

 

診療科別・医療事故報告件数は、多かった科目から、外科 77件、内科 52件、消化器科 38件の順でした。

開設者別・医療事故報告件数

開設者別・医療事故報告件数をご覧ください。

開設者別・医療事故報告件数

医療事故調報告件数(開設者別)グラフ

 

開設者

医療事故件数

国 *1

52

自治体 *2

92

公的医療機関 *3

48

法人 *4

210

個人

4

合計

406

 

*1 国 国立大学法人、独立行政法人国立病院機構、国立研究開発法人、国立ハンセン病療養所、独立行政法人労働者健康福祉機構 他
*2 自治体 都道府県、市町村、公立大学法人、地方独立行政法人
*3 公的医療機関 日本赤十字社、恩恩腸財団済生会、北海道社会事業協会、国民健康保険団体連合会、厚生農業協同組合連合会 他
*4 法人 医療法人、学校法人、公益法人、会社 他

※対象期間:2016年1月〜12月
※出典:日本医療安全調査機構
※グラフと表は当サイト編集部で作成

開設者別・医療事故報告件数は、多かった順から、法人 210件、自治体 92件、国 52件の順でした。

おすすめ医師賠償責任保険(民間医局)

■医師賠償責任保険【当サイトおすすめ】
民間医局の医師賠償責任保険は、常勤・非常勤の勤務形態および勤務内容を問わず、複数の施設で勤務する場合も、補償の対象となります。
※美容のみを目的とする医療行為を除く
お申込みは、ネットで手続きできます。印鑑も書類の郵送も不要でスピーディ!

 


>>ネットで簡単申込OK!医師賠償責任保険

 

・民間医局の医師賠償責任保険
・取扱代理店:株式会社メディカル・プリンシプル社
・引受保険会社:三井住友海上火災保険株式会社

 

★この医師賠償責任保険おすすめポイント
■お申込みは、ネットで簡単に手続きできます。
(印鑑も書類の郵送も不要なのでとても便利でスピーディ!)

 

■アルバイト勤務先も含めて複数施設が補償対象。

 

■団体割引適用なので保険料が安い。(20%OFF)
59,390円→47,710円
※今年度より、「嘱託医等の医師活動賠償責任補償」がセットされております。上記の保険料は、医師賠償責任保険(団体割引適用)と嘱託医等の医師活動責任補償の合計保険料です。

 

■弁護士報酬や訴訟費用にも保険が適用されるので安心です。

 

■手厚い補償でドクターを守る。

 

>>★医師賠償責任保険のネット申込はこちら

好条件が豊富な医師求人サイト

医師の転職には医師専門の転職支援サービスが便利かつ効率的です。全国の病院・クリニック等の医療機関との太いパイプがあり、各社独自の高額求人や好条件の非公開求人情報を多数保有しています。

 

好条件&キャリアUPできる医師転職サイト3社
担当コンサルタントが転職の相談・アドバイスをしてくれます。
(※下記の実績豊富な3社まとめて無料登録される医師も多いです。)

上記無料公式サイトに登録すると、好条件の非公開求人情報をはじめコンサルタントの相談など全てのサービスが無料で気軽にご利用できます。
※厚生労働大臣から許可を得た事業者ですので安心してご利用ください。
(キャンセル可・3社同時登録して比較もOKです。)

 

 

【人気の医師関連コンテンツ】
>>人気の医師アルバイト

 

>>診療科目別医師求人動向

 

>>医師の給料・年収特集