面接対策・条件交渉|医師求人ランキングBEST5

面接対策・条件交渉|医師求人ランキングBEST5

このページでは、転職活動の中でも特に重要な面接対策条件交渉のポイントについてまとめました。やはり予め入念に準備をしておくことが大切ですね。

 

転職コンサルタントの交渉&調整力がポイント
よく、面接対策のイロハや回答例を書いた面接対策本などを書店でも見かけますが、実は、医師転職において、面接前の条件交渉をはじめ転職コンサルタントの調整力が大切なポイントであることをご存知でしょうか。

 

転職ドクターイラスト悩み

★求人票に載ってない気になる情報

  • 医療機関の詳細情報(手術・検査・症状)
  • 経営状態・経営方針・経営者について
  • 医療スタッフや職場の雰囲気
  • 医師スタッフの体制
  • 仕事のスケジュール
  • 職場の離職率
  • 医師募集の背景(医療機関側の募集理由)
  • 勤務地、職場の環境・特徴
  • 医療設備・医療機器の詳細情報

面接前に細かい条件交渉

ここでは当サイトでも大変人気のある医師転職ドットコム(メディウェル)のサポート内容を例に説明します。

 

【面接までの流れ】
転職サービス申し込み後にキャリアカウンセリングを行い、要望に合わせて医療機関からマッチする医師求人募集の情報がピックアップされます。

 

その後、さらに担当コンサルタントが、より条件にマッチするように医療機関に条件交渉をし、可能な限り調整をします。最終的に医師が面接を希望した医療機関に絞ります。

 

【面接の事前情報】
面接の日程調整をし、下記の面接に関する情報がコンサルタントから事前に提供されます。また、先に細かい条件交渉は、医師に確認後に医療機関と担当コンサルタントが何度もしているので、面接当日は条件の再確認などスムーズに進行する場合が多いようです。

 

【面接前にわかるチェック内容例】

  • 面接当日の内容
  • 当日出席予定の医療機関の面接メンバー
  • 当日想定される質問
  • 医療機関側が確認したい点 他

 

実際、日頃から医療機関と太いパイプのある会社のコンサルタントでないとなかなか面接前の事前交渉や情報は入手できないと思います。つまり、面接する前からかなり成功確率が高いと言えるでしょう。

面接本番〜面接後のフォローアップ

面接当日はコンサルタントも同席し、医療機関側からの勤務内容等の条件と内容に違いがないかを再度確認します。本人からは直接聞きにくい、給与・年収・手当・待遇などコンサルタントが代わりに確認してくれるので漏れがなく安心できるのが特徴です。

 

転職ドクターOK

 

さらに面接後に重要な点として、書面で労働条件書を作成して確認し、署名捺印して交わすことにより、未然にトラブルを回避することができます。
ちなみにメディウェルの場合は、労働条件書『採用及び就任承諾書』を転職する医師、医療機関、メディウェルの3者間で確認し、署名捺印するので転職する医師も受け入れる医療機関も安心できると言えるでしょう。

 

個人で転職する場合は、なかなかここまで行き届いた対応をするのが難しいと考えられます。仕事をしながら、転職活動をする場合は、プロの転職サイトのコンサルタントに任せて転職活動をするほうが、安全かつスムーズに進められるのが上記の例からもわかります。

おすすめ医師転職支援サービス

医師の転職には医師専門の転職支援サービスが便利で役立ちます。日頃から病院・クリニックなど医療機関とのパイプがあり、独自の求人情報も多数保有しています。また、キャリアコンサルタントが転職相談・アドバイスしてくれますので、気軽に問い合わせができます。まずは下記の実績&人気のある3社の無料登録からスタートしてみてはいかがでしょう。

 

おすすめ転職支援サイト3社
医療機関のコンサルタントをしている医師転職ドットコム(メディウェル)は、病院の院長・事務長から直接ヒアリングした生情報などが入手できるので、求人票では掲載されていない気になる情報がわかるので好評です。

上記無料公式サイトに登録すると、好条件の非公開求人情報をはじめコンサルタントの相談など全てのサービスが無料でご利用できます。
※厚生労働大臣から許可を得た事業者ですので安心してご利用ください。
(キャンセル可・複数登録比較OK)

 

>>医師求人ランキングTOPへ