原稿執筆料〜接遇費(製薬会社別)|医師求人ランキングBEST5

原稿執筆料〜接遇費(製薬会社別)|医師求人ランキング

製薬会社が医療機関に支払った各費用2回目は、原稿執筆料、情報提供関連費、接遇等費の3つについてまとめました。

 

原稿執筆料〜接遇費TOPイラスト

 

  • 各費用1回目:総額/研究・開発費/学術研究助成費
  • 各費用2回目:原稿執筆料/情報提供関連費/接遇等費
  • 各費用3回目:奨学寄付金(製薬会社/大学/医療機関)

製薬会社が医療機関・医師等へ支払った原稿執筆料

製薬会社の医療機関・医療担当者へ支払った原稿執筆料等の上位10社のデータを見てみましょう。グラフと表は見やすように金額の多い順にソートしています。

■原稿執筆料
原稿執筆料等には下記の内容が含まれています。
医療関係者に対して医学・薬学に関する情報提供を目的とする費用。
講師謝金/原稿執筆料・監修料/コンサルティング等業務委託費

 

■製薬会社⇒医療機関・医師への原稿執筆料・上位10社グラフ(単位:億円)
製薬会社からの原稿執筆料グラフ

 

■製薬会社⇒医療機関・医師への原稿執筆料・上位10社(単位:億円)
製薬会社が支払った原稿執筆料の表
※製薬会社各社の支払金額は2012年度の決算における金額
※医療機関、医療担当者含む
※出所:週刊ダイヤモンド2013年10月26日号 ※グラフと表は当サイト編集部で作成

原稿執筆料の合計金額(49社)は、246億円でした。第1位の第一三共は17.5億円で全体の7.1%、2位のノバルティスファーマが15.58億円で6.3%、3位の武田薬品工業は15.56億円で6.3%でした。この上位3社の合計金額は48.6億円で、約19.8%の割合になります。

製薬会社が医療機関・医師等へ支払った情報提供関連費

製薬会社の医療機関・医療担当者へ支払った情報提供関連費の上位10社のデータを見てみましょう。

■情報提供関連費
情報提供関連費には下記の費用が含まれています。
医療関係者に対して医学・薬学に関する情報提供を目的とする費用。
講演会費/説明会費/医学・薬学関連文献等提供費

 

■製薬会社⇒医療機関・医療担当者への情報提供関連費
上位10社グラフ(単位:億円)

情報提供関連費グラフ

 

■製薬会社⇒医療機関・医療担当者への情報提供関連費
上位10社(単位:億円)

情報提供関連費の表

 

情報提供関連費の合計金額(49社)は1,299億円で研究・開発費の次に多い支払金額になっています。製薬会社別に見てみると、1位のノバルティスファーマが99.1億円(7.6%)、2位のファイザーが88.1億円(6.9%)、3位のMSDが86億円(6.7%)、4位の武田薬品工業が83.8億円(6.5%)、5位の第一三共が80.3億円(6.2%)と5位以上が80億円超の金額で、上位5社の合計金額は約437億円(33.7%)になります。

製薬会社が医療機関・医師等へ支払った接遇等費

製薬会社の医療機関・医療担当者へ支払った接遇等費の上位10社のデータを見てみましょう。

■その他の費用(接遇費)
社会的儀礼としての接遇等の費用。接遇等費用

 

■製薬会社⇒医療機関・医療担当者への接遇等費・上位10社グラフ(単位:億円)
製薬会社の接遇等費グラフ

 

■製薬会社⇒医療機関・医療担当者への接遇等費・上位10社(単位:億円)
製薬会社が支払った接遇等費の表

 

接遇等費の合計金額(49社)は、103億円でした。一番多かったのはノバルティスファーマで10.8億円(10.5%)、2位は第一三共で8.2億円(8%)、3位が武田薬品工業で7.9億円(7.7%)の順番に上位3社はなります。

 

【おすすめ関連記事】
>>製薬会社からの支払金額

 

>>製薬会社別 (研究費・開発費〜学術研究助成費)

 

>>奨学寄付金(製薬会社/大学/医療機関)

 

>>医師転職サイトおすすめ一覧