医師の働き方と年収(開業医・勤務医)〜医師求人サイトランキング

医師の働き方と年収(開業医・勤務医)

医師

前回、医師の給料・年収(勤務先規模別)を表とグラフで簡単に比較しました。ここでは、医師の働き方(活躍場所)を調べてまとめてみました。医師としての働き方は、医療機関で診察をするパターンだけではありません。災害の現場で被災者診察・治療する自衛隊勤務の医師。また、診察をしない働き方も意外に多くあります。例えば、公務員として、厚生労働省で保険医療制度をプランニングする医師や大学で医学研究をする研究医です。その他にも保険に加入する時に、査定する保険会社の専属医大学病院は、診察以外に、教育、研究の働き方があります。

 

人気の医師求人サイトページへ

 

グループの分け方は下記の通りです。

(A)『患者を診察する医師の働き方』
  (1)独立・開業・フリーで働く
  (2)団体・組織に属して働く

 

(B)『患者を診察しない医師の働き方』
  (3)研究機関・公務員として働く

 

※各グループの中で給料・年収が分かる項目については記載しました。但し、あくまでも金額は目安ですので、参考程度にしてください。

 

医師

(A)『患者を診察する医師』
(1)独立・開業・フリーで働く
開業医
【平均年収目安】
約2500万円〜約3500万円 
(実際にはもっと高額年収の医師も存在)
美容整形医などのように健康保険適用外の自由診療の専門医はより高収入が可能。TVのCMがよく流れているのはこの自由診療専門の医院・クリニックが多い。

 

在宅診療医・在宅医
在宅療養支援診療所で働く医師。
患者宅に訪問して病気治療・健康管理を主に行う。
高齢者の自宅での終末期ケアも増えている。
【平均年収目安】
約1500万円〜2000万円
※当直、オンコールで増額するケースもあり。

 

フリーランス医(フリーター医、フリードクター)
スポットの仕事をする医師。
人気ドラマ「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」(主演:米倉涼子)で話題になったフリーランスの医師は市中病院などで働いているようです。

 

(2)団体・組織に属して働く
勤務医

病院勤務医

大学病院 (医局で働く医師)
【平均年収目安】
大学教授:約1500万円弱
大学准教授:約1000万円前後
大学講師:約800万円
若手医師(年齢20歳〜30歳):約300万円〜約600万円
※給料・年収は民間病院と比べて低い場合が多い。

 

一般病院(民間病院)
【平均年収目安】
約1000万円〜1500万円
専門医・勤務10年以上でプラス約300万円ぐらい。
院長クラス:約2500万円
(美容外科の院長クラスだと5000万円以上も可能)
若手医師(年齢20歳〜30歳):約600万円〜約800万円

 

産業医(企業)
仕事:主に企業の従業員の健康管理
嘱託・非常勤が多い
【平均年収目安】
・専属産業医:約1,200万円〜約1,500万円(週4〜5日勤務)
【嘱託の報酬】
・嘱託産業医:5万円/回  ・6000円〜1万円/時間

 

刑務所医
刑務所や拘置所などの矯正施設で働く医師
*現在、常勤医不足の状態のようです。

 

介護老人保健施設(老健)の施設長
老健では規模に応じて医師が常駐することが義務づけられています。一般的に1施設に常勤1名の医師がいて、そのほとんどが施設長ということになります。
【平均年収目安】
約1000万円(週4日勤務)〜約1200万円(週5日勤務)
※高齢者の医師も多い

 

船医
客船、漁船、貨物船などに乗船して船員や乗客に対して医療を行う医師。近年は減る傾向にある。
※参考:『シャーロック・ホームズ』著者でイギリスの作家、医師のアーサー・コナン・ドイルはアフリカ航路の船医を経験。

 

学校医
学校における保健管理に関する専門事項に対する技術および指導に従事する医師。通常は非常勤。
一般的には、学校の近所の開業医が対応するケースが多いようです。
※参考:全国学校保健・学校医大会があり、昨年44回目が秋田県で開催された。

 

保健所の所長
地域保健法施行令第4条第1項、保健所の所長とは保健所の医師である。
保健所所長になる条件
(1)3年以上公衆衛生の実務に従事した経験がある者
(2)国立保健医療科学院の行う養成訓練の課程を経た者
(3)厚生労働大臣が、第2号に掲げる者と同等以上の技術又は経験を有すると認めた者

 

公衆衛生医師(保健所等)
保健所の医師(公衆衛生医師)の業務は下記の3つに分類される
・本庁(県庁等や市役所)
・都道府県型の保健所
・政令市型の保健所

 

【平均年収の目安】
・技師級:(年収 約750万円〜890万円)
・主査級:(年収 約930万円〜1000万円)*1
・課長補佐級:(年収 約1030万円〜約1060万円)*2
・課長級:(年収 約1260万円〜約1330万円)*3
・次長級(年収 約1400万円)
---------------------------------------
*1 :主査/保健所・地域保健課長
*2 :卒業後12年程度
*3 :卒業後15年程度

 

保健所の医師(公衆衛生医師)の勤務時間(例)
勤務時間:8:30〜17:15 / 9:00〜17:55 etc.
8時間勤務/日、40時間/週、週休2日

 

海外派遣医
世界各地で医療活動を行う医師。
「国境なき医師団」が国際的に有名である。
「国境なき医師団」に初めて参加する場合の給与:153,106円/月(昇給有。職歴による加算あり)
※諸経費、交通費他、生活手当、住居費は医師団で負担。

 

防衛医官
非常時、災害時に自衛官医師として治療活動を行う医師。

 

人気の医師アルバイト特集ページへ


年収アップが実現する医師転職サイトTOP3

医師の転職には医師専門の転職支援サービスが便利で役立ちます。全国の医療機関とネットワークがあり、求人票に掲載されていない独自の病院内部の情報も多数保有しています。
おすすめ転職支援サイト3社

上記無料公式サイトに登録すると、好条件の非公開求人情報をはじめコンサルタントの相談など全てのサービスが無料で気軽にご利用できます。
※厚生労働大臣から許可を得た事業者ですので安心してご利用ください。
(キャンセル可・複数登録比較OK)

 

【おすすめ関連記事】
>>医師の給料・年収比較(勤務先規模別)

 

>>医師の働き方と年収(研究医・公務員医師)

 

>>医師求人ランキング