医療事故調査結果(2) 日本医療機能評価機構|医師求人ランキング

医療事故調査結果(2) 日本医療機能評価機構2015年|医師求人ランキング

医療事故調査結果(2) 2015年

医療事故調査結果(2)日本医療機能評価機構・医療事故防止事業部2015年データ及び厚生労働省データ等をもとにチェックし、当サイト編集部でグラフと表でまとめました。

 

医療事故調査結果(2)イメージ

 

■医療事故調査結果2016(1) >>詳細はこちら
一般社団法人 日本医療安全調査機構
日本医療安全調査機構 2016年(平成28年)年報
(H27年10月〜H28年12月迄のデータ)

 

 

■医療事故調査結果2015(2) ※今回のテーマ
公益財団法人 日本医療機能評価機構
日本医療機能評価機構 2015年(平成27年)年報
(H27年1月〜12月迄のデータ)

医療事故報告件数の年次推移(2011年〜2015年)

医療事故報告件数の年次推移(2011年〜2015年)

医療事故件数5年間の年次推移グラフ

 

 

2011年

2012年

2013年

2014年

2015年

報告義務*1

2,483

2,535

2,708

2,911

3,374

任意参加*2

316

347

341

283

280

合計

2,799

2,882

3,049

3,194

3,654

 

医療機関数の年次推移

 

2,011

2,012

2,013

2,014

2,015

報告義務*1

273

273

274

275

275

任意参加*2

609

653

691

718

743

合計

882

926

965

993

1,018


*1報告義務=報告義務対象医療機関
*2任意参加=参加登録申請医療機関

 

※出典:日本医療機能評価機構
※グラフと表は当サイト編集部で作成

医療事故件数の5年間推移を見ると2015年は特に報告義務対象医療機関の件数が3374件と前年対比16%(463件)と特に増加しているのがデータから読み取れます。

 

 

開設者別医療事故件数

開設者について件数の多かった順にソートしました。

種類

開設者

報告医療機関数

報告件数

独立行政法人国立病院機構

131

1,374

国立大学法人等

45

934

法人

学校法人

39

576

自治体

都道府県

11

304

国立研究開発法人

7

116

国立ハンセン病療養所

9

61

法人

公益法人

1

9

  合 計

243

3,374

※出典:日本医療機能評価機構
※表は当サイト編集部で作成

開設者別の医療事故件数を多い順から見ると、トップは国立病院機構が1374件、2番目は国立大学法人934件、3番目が学校法人576件の順番でした。

 

病院イメージ

医療事故当事者の職種

医療事故当事者の職種

当事者の職種について件数の多かった順にソートしました。
※当事者とは当該事象に関係したと医療機関が判断した者。(複数回答可能)

当事者職種

件数

割合(%)

看護師

2,268

47.7%

医師

2,169

45.7%

歯科医師

63

1.3%

診療放射線技師

35

0.7%

准看護師

25

0.5%

薬剤師

24

0.5%

理学療法士(PT)

24

0.5%

臨床検査技師

22

0.5%

臨床工学技士

21

0.4%

看護助手

21

0.4%

助産師

13

0.3%

作業療法士(OT)

11

0.2%

言語聴覚士(ST)

2

0.0%

栄養士

1

0.0%

その他

52

1.1%

合 計

4,751

100%

※出典:日本医療機能評価機構
※表は当サイト編集部で作成

医療事故の当事者の結果データを見たところ、看護師が2268件、医師が2169件と、患者と接する機会が多い2職種で93.4%を占めていました。

医療事故の概要

医療事故の概要

医療事故の概要について件数の多かった順にソートしました。

医療事故の概要

件数

割合(%)

療養上の世話

1,301

35.6

治療・処置

1,109

30.4

その他

480

13.1

薬剤

260

7.1

ドレーン・チューブ

260

7.1

検査

168

4.6

医療機器等

66

1.8

輸血

10

0.3

合 計

3,654

100

※出典:日本医療機能評価機構
※表は当サイト編集部で作成

医療事故の概要は結果データを見る限り、療養上の世話が1301件、治療処置が1109件でこの2つが突出して多いようだ。

診療科別医療事故件数

診療科別医療事故件数

医療事故に関連する診療科について件数の多かった順にソートしました。(複数回答可能)

関連診療科

医療事故報告件数

割合(%)

整形外科

566

12.5%

その他

494

10.9%

外科

352

7.8%

消化器科

301

6.6%

内科

265

5.8%

精神科

250

5.5%

循環器内科

249

5.5%

呼吸器内科

246

5.4%

小児科

222

4.9%

脳神経外科

220

4.8%

心臓血管外科

165

3.6%

泌尿器科

136

3.0%

麻酔科

132

2.9%

神経科

115

2.5%

耳鼻咽喉科

87

1.9%

産婦人科

81

1.8%

放射線科

75

1.7%

呼吸器外科

69

1.5%

血液内科

65

1.4%

眼科

60

1.3%

歯科口腔外科

59

1.3%

皮膚科

55

1.2%

婦人科

47

1.0%

形成外科

41

0.9%

小児外科

39

0.9%

循環器外科

38

0.8%

リハビリテーション科

37

0.8%

リウマチ科

20

0.4%

産科

19

0.4%

歯科

15

0.3%

不明

6

0.1%

アレルギー科

5

0.1%

心療内科

3

0.1%

ペインクリニック

1

0.0%

肛門科

1

0.0%

矯正歯科

1

0.0%

合 計

4,537

100.0%

※出典:日本医療機能評価機構
※表は当サイト編集部で作成

医療事故に関連する診療科を見たところ、1位は整形外科で566件、外科が352件、消化器科が301件でした。(その他を除く)

人気の医師賠償責任保険(民間医局)

■医師賠償責任保険【当サイトおすすめ】
民間医局の医師賠償責任保険は、常勤・非常勤の勤務形態および勤務内容を問わず、複数の施設で勤務する場合も、補償の対象となります。
※美容のみを目的とする医療行為を除く
お申込みは、ネットで手続きできます。印鑑も書類の郵送も不要でスピーディ!

 


>>ネットで簡単申込OK!医師賠償責任保険

 

・民間医局の医師賠償責任保険
・取扱代理店:株式会社メディカル・プリンシプル社
・引受保険会社:三井住友海上火災保険株式会社

 

★この医師賠償責任保険おすすめポイント
■お申込みは、ネットで簡単に手続きできます。
(印鑑も書類の郵送も不要なのでとても便利でスピーディ!)

 

■アルバイト勤務先も含めて複数施設が補償対象。

 

■団体割引適用なので保険料が安い。(20%OFF)
59,390円→47,710円
※今年度より、「嘱託医等の医師活動賠償責任補償」がセットされております。上記の保険料は、医師賠償責任保険(団体割引適用)と嘱託医等の医師活動責任補償の合計保険料です。

 

■弁護士報酬や訴訟費用にも保険が適用されるので安心です。

 

■手厚い補償でドクターを守る。

 

>>★医師賠償責任保険のネット申込はこちら

人気の大手医師求人サイト

医師の転職には医師専門の転職支援サービスが便利かつ効率的です。全国の病院・クリニック等の医療機関との太いパイプがあり、各社独自の高額求人や好条件の非公開求人情報を多数保有しています。

 

好条件&キャリアUPできる医師転職サイト3社
担当コンサルタントが転職の相談・アドバイスをしてくれます。
(※下記の実績豊富な3社まとめて無料登録される医師も多いです。)

上記無料公式サイトに登録すると、好条件の非公開求人情報をはじめコンサルタントの相談など全てのサービスが無料で気軽にご利用できます。
※厚生労働大臣から許可を得た事業者ですので安心してご利用ください。
(キャンセル可・3社同時登録して比較もOKです。)

 

 

【よく読まれている医師コンテンツ】
>>医師転職サイトランキング

 

>>人気の医師アルバイト

 

>>医師の給料・年収特集