日本の人口推移とがん死亡状況|医師求人ランキング

がん特集(日本の人口推移とがん死亡状況)。日本の人口推移とがん死亡状況について厚生労働省、国立がん研究センター等のデータをもとにまとめました。「死亡・出生・婚姻・離婚 2016年推計数」、「日本人の死因ランキングTOP10」、「部位別・がん死亡数&死亡率(男・女)」

 

がん特集ページ01イメージ

日本の人口推移(死亡・出産・婚姻・離婚)

日本の人口は、125,252,000 人(平成27年10月1日現在推計)です。将来、人口減少傾向にあり、2060年には総人口が9000万人を下回り、高齢化率は40%近い水準になると推計されている。
※出典:総務省「国勢調査」及び「人口推計」、国立社会保障・人口問題研究所

 

まず、日本の人口がどのように変化しているのかを死亡数、出生数、婚姻数、離婚数で見てみましょう。

死亡・出生・婚姻・離婚 2016年推計数

人口動態統計2016
出典:厚生労働省 人口動態統計2016年

【死亡・出生・婚姻・離婚 2016年推計数】
約10年前に死亡数が出生数を逆転してからその差が広がっています。2016年(平成28年)で約31万5千人の人口自然減(過去最大の減少幅)。また、出生数は統計を取り始めた1899年以降、初めて100万人を割り込んだ。

  • 死亡数:1,296,000人
  • 出生数:981,000人
  • 婚姻数:621,000組
  • 離婚数:217,000組

日本人の死因ランキングTOP10

日本人の死亡原因のトップ10は下記のようになります。

 

日本人の死因ランキングTOP10 (2015年)

日本人の死因グラフ

 

日本人の死因表
※出典:厚生労働省 人口動態統計 2015年
※グラフと表は当サイト編集部で作成

日本人の死因の中でがんは突出して多く、2位の心臓病と約17万4千人も差があり、死因の28.7%を占めております。

 

 

 

主な死因別の死亡率(人口10万対)

 

日本人の死因グラフ年次推移

 

■死亡率(人口10万対)
(右上から)

  1. 悪性新生物(がん):293.5
  2. 心疾患(高血圧性を除く/心臓病):157.0
  3. 肺炎:95.4
  4. 脳血管疾患(脳卒中):91.1
  5. 老衰:60.1
  6. 不慮の事故:31.1
  7. 自殺:19.5
  8. 肝疾患:12.5
  9. 結核:1.7

出典:厚生労働省 人口動態統計2015年

1947年〜2014年までの67年間のデータで、死因別の死亡率を年次推移を見てみると、悪性新生物(がん)は、1981年以降、死因の第1位となってからさらに死亡率がアップしているのがわかる。
※5位の老衰はグラフに記載されていません。

部位別・がん死亡数&死亡率(男性)

男性の部位別がん死亡数(2014年)と部位別がんの死亡率・年次推移(1955年〜2014年)を見てみましょう。

【男性】部位別がん死亡数(2014年)

部位別・がん死亡数(男性)グラフ
出典:国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」

【男性】部位別・がんの死亡率の年次推移

部位別・がん死亡率(男性)グラフ年次推移
出典:厚生労働省 人口動態統計2015年

 

【男性】部位別・がんの死亡率の年次推移

  • 2014年(平成26年)
  • がん死亡数:218,397人
  • がん死亡率(男性人口10万対):357.8

 

部位別・がん死亡率(男性人口10万対/2014年)
※高い順・グラフ参照(肺・胃・大腸・肝)

  1. 肺がん:86.0
  2. 胃がん:51.6
  3. 大腸がん:42.9
  4. 肝がん:31.5
  5. 膵がん:26.9
  6. 前立腺がん:18.9
  7. 食道がん:15.8
  8. 白血病:8.0

 

  • 肺がん:1993年(平成5年)に胃がんを抜いてトップとなり、死亡率はその後も右肩上がりでアップ。
  • 胃がん:1968年(昭和43年)がピークでその後は横ばい傾向。
  • 大腸がん:2007年(平成19年)に肝がんを抜いて3位になり、その後も死亡率はアップ中。
  • 肝臓がん:1995年(平成7年)頃から横ばいになり、その後少し減少傾向にある。

部位別・がん死亡数&死亡率(女性)

女性の部位別がん死亡数(2014年)と部位別がんの死亡率・年次推移(1955年〜2014年)を見てみましょう。

【女性】部位別がん死亡数(2014年)

部位別・がん死亡数(女性)グラフ
出典:国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」

【女性】部位別・がんの死亡率の年次推移

部位別・がん死亡率(女性)グラフ年次推移
出典:厚生労働省 人口動態統計2015年

【女性】部位別・がんの死亡率の年次推移

  • 2014年(平成26年)
  • がん死亡数:149,706人
  • がん死亡率(女性人口10万対):232.5

 

部位別・がん死亡率(女性人口10万対/2014年)
※高い順・グラフ参照(大腸・肺・胃・乳房・肝・子宮)

  1. 大腸がん:34.6
  2. 肺がん:32.4
  3. 胃がん:25.5
  4. 膵がん:23.8
  5. 乳がん:20.6
  6. 肝がん:16.1
  7. 子宮がん:10.0
  8. 白血病:5.1
  9. 食道がん:3.0

 

  • 大腸がん:2003年(平成15年)に胃がんを抜いて死亡率トップになり、その後もアップ中。
  • 肺がん:2007年(平成19年)に胃がんを抜いて2位になり、その後も死亡率はアップ中。
  • 胃がん:1968年(昭和43年)頃ピークで、その後グラフのように徐々に減少し、ほぼ横ばい傾向。
  • 死亡率がアップ中:大腸がん、肺がん、膵がん、乳がん
  • 緩やかにアップ中:子宮がん