世界の医師年収比較|医師求人ランキングBEST5

世界の専門医年収国別比較表

 

このページでは、『アメリカの専門医の診療科別年収ランキング』をはじめ、『世界の専門医の給与・年収比較』(アメリカ、ヨーロッパ、日本 等)を参考データをもとに当サイト編集部でグラフと表でまとめました。合わせて『アメリカの健康保険について』も少し記載しておきましたのでどうぞご覧ください。

 

アメリカの専門医の診療科別給与・年収について

まず、アメリカの専門医の診療科別給料・年収を見てみましょう。

 

アメリカ専門医の診療科別年収ランキング
アメリカの専門医年収・科別比較グラフ

 

アメリカの専門医年収・科別比較表
※出典:Forbes JAPAN 「米国で最も稼ぐ医師たち上位15分野の年収」(データ:2014年〜2015年)
※表とグラフは当サイト編集部で作成。

アメリカの専門医の給料・年収は診療科によって大きな金額差があるのがデータから読み取れます。特に外科系の年収は高額になっています。一番高額年収だった循環器科(心臓外科)約6,510万円は、15番目の精神科2,800万円の2.3倍です。

 

以前、まとめた日本の開業医の診療科別年収と比較しても、アメリカの専門医は高額であることがわかります。また、アメリカでは、勤務医の年収と開業医の年収は、日本ほど大きな差が生じることは無いようです。

 

 

 

アメリカの健康保険について

アメリカという国はご存知の通り、アメリカンドリームがある反面、貧富の格差の激しい国でもある。現在(2016年)、大統領選挙に立候補している民主党のヒラリー・クリントン議員が、当時ファーストレディとしての立場から公的医療皆保険制度の整備を求めて活動したが、議会(共和党?)の反対によりストップしてしまったという話も有名である。

 

外務省HPによると、2014年4月からAffordable Care Act(国民皆保険を目指す医療改革法)を施行。その結果、無保険者の数は減少傾向にあるようです。

 

アメリカの健康保険の種類
公的な健康保険制度(2種類)

  • メディケア:65歳以上を対象
  • メディケイド:低所得者を対象

 

企業の提供する健康保険(3種類)
企業が福利厚生として提供する健康保険に加入

  • HMO (Health maintenance organization)
  • PPO (Preferred Provider Organization)
  • フリーフォアサービス

※HMOとPPOで企業の健康保険の約70%を占める。
※参考データ:wikipedia

 

 

人気の医師求人サイトページへ

世界の専門医の国別年収比較

次に、世界の医師給与・年収比較を少し前のデータ(2003年〜2004年)に遡って、見てみましょう。
比較対象国:計14カ国(アメリカ、オランダ、ルクセンブルグ、オーストリア、カナダ、イギリス、フランス、スイス、アイスランド、、デンマーク、フィンランド、チェコ、ハンガリー、日本)

 

世界の専門医・国別年収ランキング
世界の専門医年収国別比較グラフ

 

 

世界の専門医・国別年収比較表
世界の専門医年収国別比較表
※出典:日医雑誌 (平成22年4月)
※出典:OECD Health Working PapersNo.412
※出典:厚生労働省 平成16年賃金構造基本統計調査

日本の医師の年収と比較してみると、1位のオランダ(3.2倍)、2位のアメリカ(2.6倍)、3位のルクセンブルグ(2.4倍)とかなり年収金額の差があることがデータから読み取れます。過労働時間については、日本(40.1時間)、オランダ(52.5時間)、ルクセンブルグ(55時間)であった。先述したとおり、2003年〜2004年の少し前のデータなので、新しいデータがあれば再度チェックしたいと考えます。

 

 

 

医師転職サイトのベスト選択法

医師転職サイトのベスト選択法イメージ

 

医師の転職には医師専門の転職支援サービスが便利かつ効率的です。全国の病院・クリニック等の医療機関との太いパイプがあり、高額求人や好条件の非公開求人情報も多数保有しています。各医師転職サイトの求人数の多い得意分野を選択して登録してみましょう。

 

 

常勤・医師求人を探すなら

 

 

定期非常勤・医師求人を探すなら

 

 

美容系の医師求人を探すなら

 

 

<医師転職サイトの選択と活用法>

 

ドクターイラスト

医師転職支援サイトの各運営会社が持っている病院、クリニック、企業、大学病院の非公開求人情報のデータはそれぞれ違います。

 

また、担当コンサルタントとの相性も考えられますので、はじめは3社登録して比較検討されるといいでしょう。
選択肢を増やして、ご要望に一番マッチした条件の職場をお選びください。

 

※厚生労働大臣から許可を得た事業者ですので安心して無料でご利用できます。
※無料登録は各社約1分程度の簡単な内容です。

 

 

 

 

よく読まれる医師コンテンツ

<データで見る医師転職サイト> 医師求人数データ比較と選択方法

 

データで見る医師転職サイトイメージ2

医師転職サイトTOPクラスの医師求人数データ(非公開求人は除く)を比較しました。
分類方法:常勤、非常勤、内科系、外科系、その他診療科

 

>>データで見る医師転職サイト

 

 

<全国の医師年収・給料・賞与> 医師の給料・年収をチェック!

 

全国の医師年収・給料・ボーナスまるわかり!イメージ

全国の47都道府県別の医師年収・月額給与・年間賞与(ボーナス)と、(1)医師男女計(2)男性医師(3)女性医師の3つのパートに分けてまとめました。平均年収と平均年齢を合わせてご覧ください。

 

>>医師年収・給料・ボーナス

 

 

<医師バイト比較ランキング(高額・好条件)>

 

医師バイト特集TOPイメージ

医師の利用者の満足度が高く、口コミ&評判が抜群の医師高額アルバイト紹介会社を【医師バイト定期非常勤】と【医師単発スポットバイト】の2つに分けて比較し、ランキング形式でご紹介します。

 

>>医師バイト比較ランキング

 

 

<医師の給料・年収特集> 医師の給料・年収をチェック!

 

医師給料・年収特集コーナー目次イラスト

テーマは、勤務医・開業医など働き方、診療科別、都道県県、役職別、年齢別、東京都との比較、世界との比較、研修医、各職場別、経営・開設者別、転科前後の比較など、各年代の政県各省庁データや関係機関の調査データもとに当サイト編集部でグラフ・表にまとめました。

 

>>医師の給料・年収特集コーナー

 

 

<医師転職豆知識特集> 医師転職時に役立つコンテンツ

 

医師転職豆知識コーナー目次イラスト

医師の転職時に知っておくと役立つコンテンツをまとめました。医師転職サイトの選び方、人気ランキングをはじめ、転科や医局の退局、高額求人、キャリアアップを目指し、症例数豊富な求人の探し方などテーマはバラエティ豊富です。(今後も随時追加の予定)

 

>>医師転職豆知識特集コーナー

 

 

<病院・医療データ特集> 気になる病院・医療関連のデータ

 

病院・医療データ特集コーナー目次イラスト

日頃気になる病院・医療データをチェックしてまとめました。病院・診療所の経営状態、黒字病院・赤字病院、病院グループ売上げランキング〜診療科別収入の比較、将来の医師の需給推計、医療訴訟件数の推移、診療報酬改定率の推移など幅広くタイムリーな話題にスポットを当てました。

 

>>病院・医療データ特集コーナー

 

 

<医療業界・気になる話題> 医局、マッチング等をCheck!

 

病院・医療データ特集コーナー目次イラスト

医療業界の気になる話題〜医局を退局⇒転職方法、大学病院医局をはじめ関連病院、研修医マッチング、医師賠償責任保険、医療訴訟、、在宅医療、訪問診療、救命救急センターなど医療業界の気になる話題をピックアップして独自にまとめました。

 

>>医療業界・気になる話題

 

 

 

人気の医師求人サイトページへ

 

 

<医師の働き方の意向調査>

 

地方勤務のイメージ

ここでは、厚生労働省医政局の「医師の勤務実態及び働き方の意向」データ(2017年4月6日発表)をもとに、地方勤務に関する医師の年代別意向を中心にグラフと表でまとめました。

 

>>医師の働き方(地方勤務)

 

 

「かかりつけ医」と「かかりつけ薬剤師・薬局」

 

 

かかりつけ薬剤師・薬局・医イメージ

かかりつけ医、かかりつけ薬局、かかりつけ薬剤師を推進する厚生労働省の「患者のための薬局ビジョン」について各かかりつけ内容の定義、機能、メリット・デメリットをはじめ、みずほ情報総研のアンケート調査データ等を参照しながら実態をチェックしてみました。

 

>>かかりつけ医・薬剤師・薬局

 

 

<門内薬局の一部規制緩和>門内薬局の緩和と理由

 

 

門内薬局イメージ

医薬分業、門前薬局からかかりつけ薬局・薬剤師を推進する政県・厚生労働省は、病院で処方箋を受け取り、薬をもらうのにフェンスや公道を通って薬局まで行くのは、高齢者や体の不自由な人にとって大変不便ということから、限定的に医療機関敷地内に門内薬局併設を許可した。

 

>>門内薬局の緩和内容と理由

 

 

<リフィル処方箋と医薬分業>

 

 

リフィル処方箋イメージ

ここでは、医薬分業率と処方箋発行枚数をはじめ、薬局数と処方箋枚数年次数位、日本では未導入のリフィル処方箋のメリット・デメリットや日本医師会と日本薬剤師会との関係等についてまとめてみました。

 

>>リフィル処方箋と医薬分業

 

 

<医療事故調査結果>

 

 

医療事故調査結果イメージ2

今回のテーマは医療事故調査結果(2015年〜2016年)について。日本医療安全調査機構、日本医療機能評価機構及び厚生労働省データ等をもとに、月別の医療事故報告件数、都道県県別(累計・100万人あたり)、診療科別、開設者別にわけてまとめました。

 

>>医療事故調査結果

 

 

<ヒヤリ・ハットと疑義照会集計>

 

 

疑義照会とヒヤリ・ハットイメージ

薬局ヒヤリ・ハット事例・分析データ(日本医療機能評価機構2015年)等をもとに薬剤師の疑義照会と医師の処方権の関係をはじめ、薬剤師法と医師法等を含め全体像をデータからチェックしてみました。

 

>>疑義照会とヒヤリ・ハット集計