感染症指定医療機関 病院・病床数(都道府県別)

感染症指定医療機関 病院・病床数(都道府県別)

 

厚生労働省の感染症指定医療機関の指定状況(平成31年4月1日現在)データ等をもとに、都道府県別の感染症指定医療機関の病院・病床数をまとめてみました。

 

 

日本赤十字社 #最前線にエールを何度でも

 

感染症指定医療機関について

感染症指定医療機関についての概要および、特定感染症・第一種感染症・第二種感染症・結核指定についての内容をご覧ください。

 

(概 要)
厚生労働大臣又は都道府県知事は、新感染症、一類感染症及び二類感染症の患者の医療を担当する感染症指定医療機関(一定の基準に合致する感染症指定病床を有する医療機関)を指定する。

 

感染症指定医療機関と感染症類型の関係図

 

 

特定感染症指定医療機関

4 医療機関(10床)
・厚生労働大臣が指定
・全国に4箇所 (平成31年4月1日現在)
・新感染症の患者の入院医療を担当できる基準に合致する病床を有する

 

>>病院・病床数はこちら

 

 

 

第一種感染症指定医療機関

55医療機関(103床)
・都道府県知事が指定
・原則として都道府県域毎に1箇所
・一類感染症の患者の入院医療を担当できる基準に合致する病床を有する

 

>>病院・病床数はこちら

 

 

 

第二種感染症指定医療機関

・感染症病床を有する指定医療機関: 351医療機関(1,758床)
・結核病床(稼働病床)を有する指定医療機関: 184医療機関(3,502床)
【参考】
・結核患者収容モデル事業(※1)を実施する指定医療機関: 99医療機関(436床)

 

・都道府県知事が指定
・原則として2次医療圏域毎に1箇所
・二類感染症の患者の入院医療を担当できる基準に合致する病床を有する

 

>>病院・病床数はこちら

 

 

結核指定医療機関(※2)

136,602医療機関
・病院:8,203  診療所:68,773  薬局:59,626

 

・都道府県知事が指定
・結核の患者の通院医療を担当できる医療機関

 

※1 高度な合併症を有する結核患者又は入院を要する精神病患者である結核患者に対して、一般病床又は精神病床において収容治療するためのモデル事業であり、第二種感染症指定医療機関又は結核指定医療機関の指定を受けている医療機関
※2 結核患者に対する適正な医療(通院医療)を担当させる医療機関

 

※出典:厚生労働省、感染症指定医療機関について

感染症指定医療機関 病院・病床数(都道府県別)記事一覧

特定感染症指定医療機関 : 4 医療機関(10床)・厚生労働大臣が指定・全国に4箇所 (平成31年4月1日現在)・新感染症の患者の入院医療を担当できる基準に合致する病床を有する病院名病床数所在地1成田赤十字病院2千葉県2国立国際医療研究センター病院4東京都3常滑市民病院2愛知県4りんくう総合医療センター2大阪府合計10※出典:厚生労働省HP 感染症指定医療機関の指定状況(平成31年4月1日現在)※...

第一種感染症指定医療機関 :55医療機関(103床)・都道府県知事が指定・原則として都道府県域毎に1箇所 複数箇所:埼玉(2)、東京(4)、大阪(3)、兵庫(2)、沖縄(2)・一類感染症の患者の入院医療を担当できる基準に合致する病床を有する病院名病床数所在地1市立札幌病院2北海道2青森県立中央病院1青森県3盛岡市立病院2岩手県4東北大学病院2宮城県5秋田大学医学部附属病院2秋田県6山形県立中央病院...

第二種感染症指定医療機関・都道府県知事が指定・原則として2次医療圏域毎に1箇所・二類感染症の患者の入院医療を担当できる基準に合致する病床を有する・感染症病床を有する指定医療機関: 351医療機関(1,758床)・結核病床(稼働病床)を有する指定医療機関: 184医療機関(3,502床)【参考】・結核患者収容モデル事業を実施する指定医療機関: 99医療機関(436床)