独立行政法人の医師給料・年収

独立行政法人医師イメージ

 

医療施設・病院の経営主体は数多くあり、様々な団体組織があります。
例えば、国が運営する自衛隊中央病院をはじめ、東京大学医学部附属病院(国立大学法人)、日本赤十字社医療センター(日赤)、聖路加国際病院(私立学校法人)など下記のような組織があります。ここでは、日本最大の医療グループである国立病院機構(NHO)についてデータを調べてみました。

 

独立行政法人の病院イメージ

 

医療施設の経営主体
  • 独立行政法人 国立病院機構
  • 国立大学法人
  • 国立高度専門
  • 医療研究センター
  • 都道府県や市町村などの自治体
  • 日赤
  • 済生会、
  • 独立行政法人地域医療機能推進機構
  • 共済組合及び連合会
  • 国民健康保険組合
  • 公益法人
  • 医療法人
  • 特定医療法人
  • 私立学校法人
  • 社会福祉法人
  • 医療生協
  • 会社
  • その他法人
  • 個人

  (参考データ:日本病院会資料)

 

 

人気の医師求人サイトページへ

独立行政法人 国立病院機構の医師の給料・年収

医療関係の中でも、日本最大の医療グループである国立病院機構(NHO)について少しまとめてみましたのでご覧ください。病院は144施設あり、全国各地にあります。例えば、北海道がんセンター(札幌市)、東京医療センター(東京都)、名古屋医療センター(名古屋市)、大阪医療センター(大阪市)、九州医療センター(福岡市)など殆どの都道府県にあります。

独立行政法人の医師給料・年収

■独立行政法人 国立病院機構
・病院数:144
・病床数:51,897
・職員数:55,534人(医師:6,000人/看護師:36,000人)
・附属看護学校:39校

 

 

 

・年収(医長以上は年棒制)
・年収(見込・総支給額)
・院長:約2,050万円
・副院長:約1,910万円
・部長:約1,820万円
・医長:約1,670万円
・医師:約1,490万円

 

院長から医師までの年収(目安)もHPでオープンに記載されています。
給料・年収がガラス張りだと、医師・職員全員が安心して働けるように思います。

 

 

 

よく読まれる医師コンテンツ

<データで見る医師転職サイト> 医師求人数データ比較と選択方法

 

データで見る医師転職サイトイメージ2

医師転職サイトTOPクラスの医師求人数データ(非公開求人は除く)を比較しました。
分類方法:常勤、非常勤、内科系、外科系、その他診療科

 

>>データで見る医師転職サイト

 

 

<全国の医師年収・給料・賞与> 医師の給料・年収をチェック!

 

全国の医師年収・給料・ボーナスまるわかり!イメージ

全国の47都道府県別の医師年収・月額給与・年間賞与(ボーナス)と、(1)医師男女計(2)男性医師(3)女性医師の3つのパートに分けてまとめました。平均年収と平均年齢を合わせてご覧ください。

 

>>医師年収・給料・ボーナス

 

 

<医師バイト比較ランキング(高額・好条件)>

 

医師バイト特集TOPイメージ

医師の利用者の満足度が高く、口コミ&評判が抜群の医師高額アルバイト紹介会社を【医師バイト定期非常勤】と【医師単発スポットバイト】の2つに分けて比較し、ランキング形式でご紹介します。

 

>>医師バイト比較ランキング

 

 

<医師の給料・年収特集> 医師の給料・年収をチェック!

 

医師給料・年収特集コーナー目次イラスト

テーマは、勤務医・開業医など働き方、診療科別、都道県県、役職別、年齢別、東京都との比較、世界との比較、研修医、各職場別、経営・開設者別、転科前後の比較など、各年代の政県各省庁データや関係機関の調査データもとに当サイト編集部でグラフ・表にまとめました。

 

>>医師の給料・年収特集コーナー

 

 

<医師転職豆知識特集> 医師転職時に役立つコンテンツ

 

医師転職豆知識コーナー目次イラスト

医師の転職時に知っておくと役立つコンテンツをまとめました。医師転職サイトの選び方、人気ランキングをはじめ、転科や医局の退局、高額求人、キャリアアップを目指し、症例数豊富な求人の探し方などテーマはバラエティ豊富です。(今後も随時追加の予定)

 

>>医師転職豆知識特集コーナー

 

 

<病院・医療データ特集> 気になる病院・医療関連のデータ

 

病院・医療データ特集コーナー目次イラスト

日頃気になる病院・医療データをチェックしてまとめました。病院・診療所の経営状態、黒字病院・赤字病院、病院グループ売上げランキング〜診療科別収入の比較、将来の医師の需給推計、医療訴訟件数の推移、診療報酬改定率の推移など幅広くタイムリーな話題にスポットを当てました。

 

>>病院・医療データ特集コーナー

 

 

<医療業界・気になる話題> 医局、マッチング等をCheck!

 

病院・医療データ特集コーナー目次イラスト

医療業界の気になる話題〜医局を退局⇒転職方法、大学病院医局をはじめ関連病院、研修医マッチング、医師賠償責任保険、医療訴訟、、在宅医療、訪問診療、救命救急センターなど医療業界の気になる話題をピックアップして独自にまとめました。

 

>>医療業界・気になる話題

 

 

 

人気の医師求人サイトページへ

 

 

<医師の働き方の意向調査>

 

地方勤務のイメージ

ここでは、厚生労働省医政局の「医師の勤務実態及び働き方の意向」データ(2017年4月6日発表)をもとに、地方勤務に関する医師の年代別意向を中心にグラフと表でまとめました。

 

>>医師の働き方(地方勤務)

 

 

「かかりつけ医」と「かかりつけ薬剤師・薬局」

 

 

かかりつけ薬剤師・薬局・医イメージ

かかりつけ医、かかりつけ薬局、かかりつけ薬剤師を推進する厚生労働省の「患者のための薬局ビジョン」について各かかりつけ内容の定義、機能、メリット・デメリットをはじめ、みずほ情報総研のアンケート調査データ等を参照しながら実態をチェックしてみました。

 

>>かかりつけ医・薬剤師・薬局

 

 

<門内薬局の一部規制緩和>門内薬局の緩和と理由

 

 

門内薬局イメージ

医薬分業、門前薬局からかかりつけ薬局・薬剤師を推進する政県・厚生労働省は、病院で処方箋を受け取り、薬をもらうのにフェンスや公道を通って薬局まで行くのは、高齢者や体の不自由な人にとって大変不便ということから、限定的に医療機関敷地内に門内薬局併設を許可した。

 

>>門内薬局の緩和内容と理由

 

 

<リフィル処方箋と医薬分業>

 

 

リフィル処方箋イメージ

ここでは、医薬分業率と処方箋発行枚数をはじめ、薬局数と処方箋枚数年次数位、日本では未導入のリフィル処方箋のメリット・デメリットや日本医師会と日本薬剤師会との関係等についてまとめてみました。

 

>>リフィル処方箋と医薬分業

 

 

<医療事故調査結果>

 

 

医療事故調査結果イメージ2

今回のテーマは医療事故調査結果(2015年〜2016年)について。日本医療安全調査機構、日本医療機能評価機構及び厚生労働省データ等をもとに、月別の医療事故報告件数、都道県県別(累計・100万人あたり)、診療科別、開設者別にわけてまとめました。

 

>>医療事故調査結果

 

 

<ヒヤリ・ハットと疑義照会集計>

 

 

疑義照会とヒヤリ・ハットイメージ

薬局ヒヤリ・ハット事例・分析データ(日本医療機能評価機構2015年)等をもとに薬剤師の疑義照会と医師の処方権の関係をはじめ、薬剤師法と医師法等を含め全体像をデータからチェックしてみました。

 

>>疑義照会とヒヤリ・ハット集計

 

 

人気の医師アルバイト特集ページへ