診療報酬改定・改定率まとめ(2018年度)|医師転職サイト口コミ比較[2017年最新情報]

診療報酬改定・改定率まとめ(2018年度)

診療報酬改定(2018年度)について、厚生労働省発表(2017年12月18日)内容をもとに診療報酬改定率にスポットを当てて増減をまとめました。

 

診療報酬改定発表イメージ

 

厚生労働省の発表によると、2018年度(平成30年度)の診療報酬改定について改定率は、本体が0.55%、薬価・材料が1.74%、ネットで1.19%でした。また、介護報酬の改定率は0.54%でした。下記の発表内容をご覧ください。

 

【診療報酬改定率 2018年度】
(※⇒国費ベースで換算した金額)

 

■診療報酬本体:(0.55%)※⇒約600億円増

 

【各科改定率】

  • 医科:(0.63%
  • 歯科:(0.69%
  • 調剤:(0.19%

 

■薬価・材料価格

 

(1)薬価:( 1.65%)※⇒約1800億円減
・実勢価等改定( 1.36%)※⇒約1500億円減
・薬価制度の抜本改革( 0.29%)※⇒約300億円減

 

(2)材料価格:(0.09%)※⇒約100億円減
※上記の他
大型門前薬局に対する評価の適正化の措置※⇒約60億円減

 

2018年度の介護報酬改定率と障害福祉サービス等報酬改定率について
■2018年度の介護報酬改定について
介護報酬改定率:(0.54%

 

 

■2018年度の障害福祉サービス等報酬改定について
障害福祉サービス等報酬改定率:(0.47%

※出典:厚生労働省 平成29年12月18日発表資料

 

 

>>診療報酬改定の推移・グラフ

診療報酬改定・改定率まとめ(2016年度)

前回の2016年度(平成28年度)の診療報酬改定・改定率も記載しましたので比較してご覧ください。

 

厚生労働省の発表によると、2018年度(平成30年度)の診療報酬改定について改定率は、本体が0.55%増、薬価・材料が1.74%減、ネットで1.19%減でした。また、介護報酬の改定率は0.54%増となりました。下記の発表内容をご覧ください。

 

【診療報酬改定率 2016年度】

 

■診療報酬本体:0.49%

 

【各科改定率】

  • 医科:(0.56%
  • 歯科:(0.61%
  • 調剤:(0.17%

 

 

■薬価・材料価格
(1)薬価:( 1.22%
※上記の他
・市場拡大再算定による薬価の見直しにより:0.19%
・年間販売額が極めて大きい品目に対応:0.28%
 (市場拡大再算定の特例の実施)

 

(2)材料価格:(0.11%

 

上記の他に以下の措置を講ずる。
・新規収載された後発医薬品の価格の引下げ
・大型門前薬局等に対する評価の適正化
・長期収載品の特例的引下げの置き換え率の基準の見直し
・1回の処方当たりの湿布薬の枚数制限
・費用対効果の低下した歯科材料の適正化

 

※出典:厚生労働省 発表資料

 

 

エムスリーキャリア医師イメージ

年収アップならこの医師転職サイト

医師の転職には医師専門の転職支援サービスが便利かつ効率的です。全国の病院・クリニック等の医療機関との太いパイプがあり、高額求人や好条件の非公開求人情報も多数保有しています。

 

おすすめ医師転職支援サービス3社
医師専門のコンサルタントが転職のアドバイス〜条件交渉までしっかり対応してくれます。まずは下記の実績&人気抜群の3社をまとめて無料登録してみてはいかがでしょう。

上記無料公式サイトに登録すると、好条件の非公開求人情報をはじめコンサルタントの相談など全てのサービスが無料で気軽にご利用できます。
※厚生労働大臣から許可を得た事業者ですので安心してご利用ください。
(キャンセル可・複数登録比較OK)

 



 

 

 

【よく読まれているコンテンツ】
>>医師求人ランキングBEST5

 

>>人気の医師アルバイト特集

 

>> 医師賠償責任保険 比較