泌尿器科の医師求人情報|医師求人ランキングBEST5

このページでは泌尿器科転職に役立つ情報として、一般病院数の過去5年間の推移や医師現員数と必要医師数をはじめ、医師求人募集状況〜泌尿器科の医師転職に強い大手転職支援サイトについての情報をまとめました。

 

泌尿器科は腎臓、膀胱、尿管、前立腺、陰茎などを診察・治療する科目で疾患として、前立腺肥大症、精巣腫瘍、尿路上皮がん、膀胱がん、腎盂・尿管がん、腎がん、副腎腫瘍、勃起障害(ED)、不妊症、尿失禁など先ほどの部位の腫瘍や炎症、結石の治療が主である。

 

泌尿器科の医師求人募集について、特に透析管理は全国の総合病院、一般病院、専門病院をはじめ、医院・診療所・クリニックから幅広くあります。

 

私もよくトイレへ行くいわゆる頻尿ですが、日本泌尿器科学会のサイトで調べてみると過活動膀胱に当てはまるのかもしれません。ちなみに国内にこの症状の人は約800万人以上の男女がいるようです。(・o・)

 

>>★泌尿器科の求人が豊富な転職サイトはこちら

泌尿器科の一般病院数

外科系診療科別の一般病院数を見ると下記のグラフのように、泌尿器科は2,791施設あり、外科系診療科目の中では整形外科、一般外科に次いで3番目に多い。
■外科系診療科目別にみた一般病院数グラフ
泌尿器科一般病院数グラフ

 

■泌尿器科・過去5年間の一般病院数推移グラフ
泌尿器科一般病院数年次推移グラフ
一般病院数の増減を見てみると、平成23年(2791施設)、平成24年(2789施設)、平成25年(2791施設)と、ここ3年間は、ほぼ横ばいの状態である。
※出典:厚生労働省データ 平成21年〜25年(グラフは当編集部で作成)

泌尿器科の現員医師数と必要医師数

泌尿器科の現員医師数は、4,791人、必要医師数は、整形外科、一般外科、脳神経外科の次に多い616人です。

 

■泌尿器科・現員医師数(単位:人)
泌尿器科現員医師数グラフ

 

■泌尿器科・必要医師数(単位:人)
泌尿器科必要医師数グラフ
出典:厚生労働省データ 平成22年必要医師数実態調査(グラフは当編集部で作成)

泌尿器科の医師求人募集状況

泌尿器科の医師求人募集の傾向としては、透析管理の関連は多く、透析センター勤務などは人気も高い。逆に手術関連については急性期医療施設など限定的になるため透析関連に比べると少ないので、泌尿器科で医師求人募集をしている大学病院や専門病院など施設とそのエリアをまずチェックするのも一つの方法かもしれません。(とにかく転職のことで困ったら、転職サイトに無料登録して、コンサルタントに相談してみてはいかがでしょうか。)

 

高齢化する日本において、前立腺肥大症や前立腺がんのような高齢者に多い疾患を対象とする泌尿器科のニーズは今後益々増加すると考えられます。

 

◎消化器外科医師募集(参考例)
泌尿器科求人募集例(1)
【科目】泌尿器科
【地域】京都府
【勤務】4週6休制
【給与】年収 1,000万円〜1,500万円(経験により応談)
【内容】外来、手術、病棟管理
【備考】当直手当有り

 

泌尿器科求人募集例(2)
【科目】泌尿器科
【地域】長野県
【勤務】週4.5日勤務 常勤
【給与】年収 1,500万円〜2,000万円
【内容】外来、病棟管理、手術
【備考】当直(1人体制)

泌尿器科医師の求人情報が豊富な転職サイト

【推奨】泌尿器科医師求人・転職に強い大手転職支援サイト
泌尿器科医師求人募集の非公開求人情報が豊富で、転職成功実績が多いのは下記の転職サイトです。
・メディウェルの医師転職ドットコムは、泌尿器科求人数:約 1,100件以上(2013年6月時点)保有。

 

下記の無料公式サイトに登録すると、好条件の非公開求人情報をはじめコンサルタントの相談など全てのサービスが無料でご利用できます。

※厚生労働大臣から許可を得た事業者ですので安心してご利用ください。
(キャンセル可・複数登録比較OK)

 

>>医師求人ランキングTOPへ