麻酔科の医師求人情報|医師求人ランキングBEST5

このページでは麻酔科転職に役立つ情報として、一般病院数の過去6年間の推移や医師現員数と必要医師数をはじめ、麻酔科の医師求人募集状況および麻酔科の医師転職に強い大手転職支援サイトの情報をまとめました。

 

麻酔科は、手術麻酔、緩和ケア領域でのペインクリニック、ICU管理・救急医療などの分野で治療する科目ですが、全国的に病院・常勤医の求人募集が多くあるので、転職を検討中の麻酔科の医師にとっては今はチャンスです。

 

>>★麻酔科の医師求人に強い大手転職支援サイトはこちら

麻酔科の一般病院数

診療科目別の一般病院数を見ると下記のグラフのようになります。麻酔科の一般病院数は2,692施設で、10番目に多い科目です。
■診療科目別にみた一般病院数グラフ
麻酔科・診療科別一般病院数グラフ
※リハビリ科=リハビリテーション科
※消化器内科(胃腸内科)

 

 

■麻酔科の一般病院数年次推移
麻酔科・一般病院数の年次推移グラフ

 

麻酔科の一般病院数の増減を見てみると、平成20年(2,518施設)から毎年着実に増加し、平成25年(2,692施設)となっています。(6年間で174施設増加)時代のニーズに比例して麻酔科の一般病院数も年々増えているのがデータから読み取れます。
※出典:厚生労働省データ 平成20年〜25年(グラフ・表は当編集部で作成)

麻酔科の現員医師数と必要医師数

診療科目別に見ると、麻酔科の現員医師数は、7,422人と4番目に多く、必要医師数は、1,205人とこちらは3番目に多い科目です。※内科・外科系科目を除く

 

■麻酔科・現員医師数(単位:人) ※内科・外科系科目を除く
麻酔科・現員医師数グラフ
■麻酔科・必要医師数(単位:人) ※内科・外科系科目を除く
麻酔科・必要医師数グラフ
出典:厚生労働省データ 平成22年必要医師数実態調査(グラフは当編集部で作成)

麻酔科の医師求人募集状況

冒頭でも書きましように、麻酔科は全国的に病院・常勤医の求人募集が多くあるので、転職を検討中の麻酔科の医師にとって今はチャンスです。

 

上記の必要医師数グラフを見てもわかるように、麻酔科は必要医師数1,205人と大変求人ニーズの高い診療科目です。

 

麻酔科の最近の求人傾向として、常勤医師の求人募集が多くなっています。当直やオンコールなど、麻酔科医師の負担を緩和するケースも増えたので、常勤医師が増えました。

 

【麻酔科の傾向・特長】
・手術には必要不可欠な科目で分業がし易い。
・麻酔科の最近の求人傾向として、常勤医師の求人募集が多くなっています。
・麻酔科は、フリーで働く医師も多い科目です。
・麻酔科の高額給与募集例、「手術麻酔・オンコール待機、当直・日直、週1回、15万円」
・特殊な麻酔技術(脳・小児など)は、日給10万円を超える高額の報酬で需要が高い。
・病院内で必要な科目は?というある医師へのアンケート結果で、「麻酔科医と病理医はいつも身近で相談出来るところにいてほしい。」ということで、1番:麻酔科、2位:病理診断科でした。

 

◎麻酔科の募集参考3例
麻酔科求人募集例(1)
【科目】麻酔科
【地域】大阪府
【勤務】週5日勤務 常勤
【給与】年収 1,500万円(10年目の目安)
【内容】麻酔管理
【備考】当直無し

 

麻酔科求人募集例(2)
【科目】麻酔科
【地域】神奈川県
【勤務】週4.5日勤務
【給与】年収 1,600万円〜(20年目の目安)
【内容】麻酔管理
【備考】当直無し・給与は経験スキル考慮

 

麻酔科求人募集例(3)
【科目】麻酔科
【地域】熊本県
【勤務】週5日勤務 常勤
【給与】年収 1,200万円〜2,200万円
【内容】手術麻酔・麻酔管理
【備考】当直無し

麻酔科の医師求人に強い大手転職支援サイト

【推奨】麻酔科の医師求人・転職に強い大手転職支援サイト
麻酔科医師求人募集の非公開求人情報が豊富で、転職成功実績が多いのは下記の転職サイトです。
・メディウェルの医師転職ドットコムは、麻酔科の求人数:約 1,200件以上(2012年12月時点)保有。

 

下記の無料公式サイトに登録すると、好条件の非公開求人情報をはじめコンサルタントの相談など全てのサービスが無料でご利用できます。

※厚生労働大臣から許可を得た事業者ですので安心してご利用ください。
(キャンセル可・複数登録比較OK)

 

>>医師求人ランキングTOPへ