訪問診療・在宅診療について

訪問診療ドクター

日本の医療において今後益々、必要性が高まると考えられる、訪問診療、在宅診療、訪問看護、訪問看護ステーション等、をはじめ訪問・在宅診療の医師求人募集の状況〜おすすめする転職支援サイト(転職エージェント)をまとめましたのでご覧ください。

 

>>★訪問診療の医師求人はこちらの大手転職支援サイトへ

 

医療は診察する場所によって、外来医療、入院医療、在宅医療の3つのパターンがあります。

  • 外来医療(外来診療):病院や診療所の外来に通って診察
  • 入院医療:入院して診察
  • 在宅医療:患者の居宅等で診察※

※訪問診療(在宅医療)は、通院が困難な患者の居宅に医師が定期的に診療に訪問し、計画的に治療・看護・健康管理等を行うことです。また、緊急時には、臨時往診や入院手配なども行います。

【訪問診療と往診の違い】

  • 訪問診療:定期的に患者を訪問・診察する。(緊急時の往診もある)
  • 往診:患者の突発的な病気やケガに対して医師が訪問して診察する。

国別死亡場所比較

日本では、自宅を死亡場所と希望する人は多いのですが、実際には下記のように病院で死亡する人が多いのが現状です。各国の状況と比較してみてみましょう。

 

死亡場所の国別比較グラフ&表

 

日本の高齢者が死亡場所として希望した場所

  • 希望した場所(割合%)
  • 自宅を希望:(89.1%)
  • 実際に自宅で死亡:(33.1%)
  • 実際は病院で死亡:(66.3%)
  • その他:(0.6%)

 

  • 病院・診療所を希望:(8.2%)
  • その他:(2.6%)

出典:厚生労働省データ

訪問看護・訪問看護ステーション

ここでは、訪問診療と関連性がある、訪問看護・訪問看護ステーションの状況をグラフと表で見てみましょう。
訪問看護ステーショングラフ&表
出典:厚生労働省データ「介護給付費実態調査」
※グラフ・表は当サイト編集部で新規作成しました。

訪問看護の利用者数は354,600人、訪問看護ステーション数は7,092施設(平成26年4月)と共に少しずつ増加傾向にある。一方で、上記のグラフ・表のように病院またはクリニック・診療所からの訪問看護数(1,687施設)は減少している。

訪問診療・在宅診療の医師求人募集状況

日本は高齢化社会などに伴う医療費の上昇、自宅で最期を迎える、といった社会ニーズに対応するため、国の方針として、在宅医療を推し進めるするために診療報酬もこれまでより高額になるように改定されました。

 

訪問看護のグラフ・表であったように、病院またはクリニック・診療所からの訪問看護数は減少していましたが、国の医療政策の影響もあり、医療機関が新規に開設する在宅クリニック・診療所は、今後増える傾向にあります。このような背景等から、訪問診療を行う医師の求人募集は、増加傾向にあります。

 

◎訪問診療(在宅診療)の医師転職成功例
男性医師(50歳代)
外科⇒在宅診療へ
希望:オンコールを当番で回す等の配慮がある医療機関

 

【転職前】
勤務地:新潟県
科 目:外科
勤 務:週5日勤務+当直2回〜3回/月
年 収:1800万円
職務内容:外来、病棟管理、手術
 ▼
【転職後】
勤務地:長野県
科目:在宅診療
勤務:週5日勤務
年収:1800万円
職務内容:在宅診療
※医師転職ドットコム(メディウェル)の転職成功例をご紹介

訪問診療(在宅診療)の医師求人に強い転職支援サイト

【推奨】訪問診療の医師求人募集に強い転職支援サイト
国は、在宅医療を強化するために、機能強化型在宅療養支援診療所を新設したりして診療所・クリニックも今後強化していくようです。その際に求められるのは、総合的な診療ができる医師で患者とうまくコミュニケーションがとれる人とのことです。
※医師転職ドットコムの在宅診療医師の求人数1200件以上(2013年6月時点)

上記無料公式サイトに登録すると、好条件の非公開求人情報をはじめコンサルタントの相談など全てのサービスが無料でご利用できます。
※厚生労働大臣から許可を得た事業者ですので安心してご利用ください。
(キャンセル可・複数登録比較OK)

 

>>在宅医療・訪問診療へ

 

>>医師求人ランキングTOPへ