老健施設の医師求人情報|医師求人ランキングBEST5

このページでは介護老人保健施設(老健)転職に役立つ情報として、老健施設を含めた介護施設の現状をはじめ、老健施設の医師求人募集状況および老健施設の医師転職におすすめの優良転職支援サイトの情報をまとめました。

 

介護保険施設は、(1)介護老人保健施設、(2)介護老人福祉施設、(3)介護療養型医療施設の3施設ありますが、今回はベテラン医師にも人気のある(1)介護老人保健施設(老健施設)の医師求人についてまとめてみました。

 

介護保険3つの施設

ベテラン医師イラスト1

(1)介護老人保健施設
老人保健施設(老健
施設数:3,932件
利用者数:344,300人
設置主体:地方公共団体・医療法人
役割:要介護高齢者にリハビリ等を提供し、在宅復帰を目指す施設
医師の配置基準:常勤1以上 100:1以上

 

 

(2)介護老人福祉施設
特別養護老人ホーム
施設数:7,552件
利用者数:498,700人
設置主体:地方公共団体・社会福祉法人
役割:要介護高齢者のための生活施設
医師の配置基準:必要数(非常勤可)

 

 

(3)介護療養型医療施設
介護療養型医療施設
施設数:1,681件
利用者数:75,200人
設置主体:地方公共団体・医療法人
役割:医療の必要な要介護高齢者の長期療養施設
医師の配置基準:3以上 48:1以上

 

出典:厚生労働データ

 

>>★老健施設の医師転職支援サイトはこちらへ

介護老人保健施設(老健)の現状

3つの介護保険施設の中のひとつ、介護老人保健施設(老健)の利用者(定員)の年次推移を見てみましょう。

 

■介護老人保健施設(老健)の利用者の推移

 

老健施設定員数の推移グラフ

 

老健施設定員数の推移表
出典:厚生労働データ グラフ・表については当サイト編集部で作成

 

少子高齢化が進すすむの日本においては、介護老人保健施設(老健)を含めた介護施設の利用者は年々増加しているのがわかる。また、入所者の平均要介護度についても、先に説明した介護保険3施設全て上昇する傾向にある。

高齢者向け施設の整備が遅れている地域

高齢化が急速に進む日本国内において、65歳以上人口に対する、介護サービス施設数の比率(施設整備率)が低い都道府県に大都市の東京、大阪、愛知、神奈川、千葉、埼玉も含まれており、将来が気になるところです。

 

■施設整備率の低い地域ワースト10(低い順)
65歳以上の高齢者向け施設の整備が遅れている都道府県

ベテラン医師イラスト2

  1. 宮城県
  2. 千葉県
  3. 東京都
  4. 大阪府
  5. 愛知県
  6. 神奈川県
  7. 福島県
  8. 滋賀県
  9. 埼玉県
  10. 栃木県

出典:厚生労働データ 表については当サイト編集部で作成

老健施設の医師求人募集状況

介護老人保健施設(老健施設)の求人募集については、経験豊富なベテラン医師からの人気も高いようです。しかし、老健施設側からの求人数は常に多いとは言えない状況です。

■老健で働く医師のイメージ(例)

  • 内科系・外科系の経験豊富な医師
  • 年齢的には40歳〜50歳〜60歳代の中高年の医師が多い
  • 平均年収:約1000万円〜1500万円が多い
  • 高齢者医療に関心がある
  • 当直なし、オンコールなしの勤務条件を希望する医師が多い

※上記はあくまでもイメージです。他のパターンも多数あります。

 

【転職アドバイス】
特に好条件の求人は応募が集中するようですので、まず転職支援サイトに登録して、コンサルタントに早めに要望を伝えて相談し、準備をしておくのが得策と考えられます。人気の求人は早い者勝ちです。
(▼下記のおすすめ転職支援サイトを参考にしてください)

老健施設のおすすめ転職支援サイト

老健施設転職におすすめ転職支援サイト
※医師転職ドットコムの老健関係の医師求人数は800件以上で業界トップクラス

上記無料公式サイトに登録すると、好条件の非公開求人情報をはじめコンサルタントの相談など全てのサービスが無料でご利用できます。
※厚生労働大臣から許可を得た事業者ですので安心してご利用ください。
(キャンセル可・複数登録比較OK)

 

【参考】
老健の医師求人の内容にご興味のある方は、下記の関連ページをチェックしてみてください。
>>介護老人保健施設長の検索|楽しく検索!医師求人

 

>>医師求人ランキングTOPへ