健診・人間ドックの求人情報|医師求人ランキングBEST5

健診・人間ドックの医師求人情報|医師求人ランキングBEST5

このページでは健診・人間ドック転職・アルバイトに役立つ情報として、健診・人間ドックの現状をはじめ、健診・人間ドックの医師求人募集状況および健診・人間ドックにおすすめの求人サイト(転職・非常勤)の情報などをまとめました。

 

高齢化が進む日本の疾病の特徴として、がん、生活習慣病や慢性疾患が増えてきています。それに合わせて、医療分野の対応も治療⇒予防へと変化しつつあるようです。国民の健康への関心が高まる中、人間ドック、健診などによる予防医学・医療が今後ますます重要なポジションになってきます。

 

健診イラスト

健診・人間ドックの受診者数状況

平成13年〜22年の健診(健康診断)や人間ドックの受診者数の割合(%)
※20歳以上の男女(入院者は除く。)
健診・人間ドックの受診者数割合(%)グラフ
健診・人間ドックの受診者グラフ
※出典:厚生労働省 グラフは当サイト編集部で作成。

 

上記の受信者数の推移から健診・人間ドックへの関心度が年々高まっているのが読み取れます。ちなみに年齢層別のデータでは、受信者数の多い年齢層は、男性:「40〜49歳」78.0%、女性:「50〜59歳」66.3%であった。

 

人間ドック受診者数の推移
 ・人間ドック(1日ドック、2日ドック)総受診者数は、2012年319万人(対前年微増) 
 ・近年では、生活習慣病健診、特定健診・特定保健指導、1日ドック健診は増加の傾向。(2日ドックは減少傾向)

健診・人間ドックの医師求人募集状況

健診・人間ドックは常勤、非常勤共に医師から人気が高いのが現状です。特に人口の多い大都市・都市部などを中心に医師求人倍率も高いのが現状です。専門医資格、認定医資格や、これまでの症例数・スキルは転職の時のPRポイントになります。

 

人間ドック・健診の求人がある医療機関

  • 病院やクリニック・診療所
  • 人間ドック・健診専門のクリニック
  • 企業の健康診断専門の医療施設(予防医学センター 等)

 

■具体的な健診方法

  • 医師が訪問する巡回健診(学校・企業)
  • 病院・クリニックの来院者を健診

 

■人間ドック・健診の内容例

  • 内視鏡検査
  • 読影技術を要する健診
  • 聴打診
  • 上部・下部内視鏡
  • 乳がん検査
  • 子宮がん検査 他

慶應義塾大学病院 予防医療センター・人間ドック

有名な慶應義塾大学病院の予防医療センター・人間ドックの概要を見てみましょう。
※これは概要説明で求人募集とは関係ありません。

慶應義塾大学病院の予防医療センター・人間ドック(参考)
■気になる疾患から選ぶ

  • がん
  • その他生活習慣病

■専門ドック

  • 脳ドック
  • 心臓・血管ドック
  • メタボリックシンドローム・腎臓ドック
  • アンチエイジングドック
  • 運動器(骨・筋肉・膝・腰)ドック
  • レディースドック

この中で私が特に興味を持ったのは、アンチエイジングドックです。
検査内容から自分の老化度合いを知りたい人や若さを保つためのアドバイスがもらえるのが特徴のようです。6つの観点から老化度をチェックしてくれるようです。

  • 体の老化度
  • 脳の老化度
  • 骨の老化度
  • 血管の老化度
  • ホルモンの老化度
  • 代謝機能の老化度

※出典:慶應義塾大学病院HP

健診・人間ドックにおすすめの求人サイト(常勤/アルバイト)

人間ドック・健診の医師求人(常勤/非常勤・アルバイト)は、人気があるので、募集があるとすぐに応募が集中して終了しまうのが現状です。予め転職サイトに登録して準備をしておくのが得策です。特に下記の3社は転職実績、利用された医師満足度が高く、当サイトおすすめの会社です。

 

おすすめ転職支援サイト
※当サイトで人気の医師転職ドットコム(メディウェル)の健診・人間ドック求人数:1300件(2013年6月時点)

上記無料公式サイトに登録すると、好条件の非公開求人情報をはじめコンサルタントの相談など全てのサービスが無料でご利用できます。
※厚生労働大臣から許可を得た事業者ですので安心してご利用ください。
(キャンセル可・複数登録比較OK)

 

>>医師求人ランキングTOPへ