世界医師会(WMA)とは

世界医師会(World Medical Association)について〜世界医師会の設立、目的、活動内容、日本医師会の関わり等についてまとめました。

 

世界医師会TOPイラスト

世界医師会(設立・目的・活動内容)

世界医師会(World Medical Association 略称:WMA)

 

■設立:1947年9月17日
27カ国からの医師が出席した第1回総会(開催地:パリ)が契機。

 

■目的:医学教育・医学・医術および医の倫理における国際的水準をできるだけ高め、また世界のすべての人々を対象にしたヘルスケアの実現に努めながら人類に奉仕すること。

 

■活動内容:現在、112カ国医師会が加盟し、全世界の医師を代表したNGOの国際的な連合体として、医の倫理や社会医学に関連するテーマを協議している。

 

毎年、春に中間理事会、秋に総会を開催し、医の倫理や社会医学に関連するテーマを協議している。これまでにジュネーブ宣言・ヘルシンキ宣言・リスボン宣言・マドリッド宣言等をはじめとする数多くの政策文書を採択し、公開している。

 

【世界医師会(WMA)】
設 立: 1947年9月17日
本 部: フェルネイ・ボルテア(フランス)
事務総長: オトマー・クロイバー/ドイツ
加 盟: 112 カ国医師会
役 員: 会長(次期、現、前)、議長、副議長、財務担当
理 事: 22 名
会 合: 理事会、総会
常設委員会: 医の倫理委員会、社会医学委員会、財務企画委員会

 

 

【WMA役員】
会   長 :サー・マイケル・マーモット(イギリス医師会長)
次期会長  :ケタン・デサイ(インド医師会元会長)
前 会 長 :ザビエル・ドゥー(フランス医師会代表団会長)
理事会議長 :アーディス・ホヴェン(アメリカ医師会元会長)
理事会副議長:フランク・モントゴメリー(ドイツ医師会会長)
財務担当  :石井正三(日本医師会常任理事)

出典:日本医師会資料(2016年1月現在)

世界医師会の会員数、医師会数

まず、主要国WMA申告会員数を見てみましょう。

 

■主要国WMA申告会員数
主要国WMA申告会員数グラフ

 

主要国WMA申告会員数表
※申告会員数 5 万人以上加盟国医師会
※WMA 理事(申告会員数5万人毎に1名)
※出典:日本医師会資料(2016年1月現在)/グラフと表は当サイトで作成

 

 

 

続いてWMA加盟国の地域別医師会数です。

 

■WMA加盟国の地域別医師会数
WMA加盟国医師会数グラフ

 

WMA加盟国医師会数表
※出典:日本医師会資料(2016年1月現在)/グラフと表は当サイトで作成

日本医師会と世界医師会(WMA)

日本医師会と世界医師会(WMA)の関係はどうなのか見てみましょう。

 

■日本医師会とWMAの関わり
1951年:日本医師会は第5回ストックホルム総会において加盟。
1971年:東京理事会、
1975年:東京総会開催・テーマ 「医療資源の開発と配分」
2004年:東京総会開催・テーマ「先端医療と医の倫理」「ITの進歩と医療」
2014年:東京理事会開催

 

◎日本医師会からWMA会長に就任
・武見太郎元会長(1975年就任、第29代WMA会長)
・坪井栄孝元会長(2000年就任、第52代WMA会長)

 

◎WMA申告会員数で日本がトップ!
日本医師会はWMA申告会員151,000人とWMAで最大の勢力としてWMA理事3名を擁し、内1名は財務担当役員を務めるなど、WMAの活動に積極的に関わっている。(上記グラフ・表参照)

 

◎WMA理事3名
WMA理事合計:22人(理事:12名/地域理事:10人)
欧州8人、大洋州5人、北米4人、ラテンアメリカ2人、アジア2人、アフリカ1人

 

日本が所属する大洋州を見ると、現在、日本は3名理事を務めています。
【大洋州:5人】
・横倉義武(日本医師会長)
・松原謙二(日本医師副会長)
・石井正三(日本医師会常任理事)
・ドン・チュン・シン(韓国医師会国際担当)
・スティーブ・ハンブルトン(オーストラリア医師会前会長)
出典:日本医師会資料(2016年1月現在)

 

こうしてデータを見てみると、日本医師会は世界医師会(WMA)に対して、積極的に関わってきていることがよくわかります。