消化器内科の医師求人募集情報|医師求人ランキングBEST5

ここでは、消化器内科(胃腸内科)の医師求人状況についてまとめしたのでご覧ください。
内科系の診療科目の中で、医師の求人募集が多いのが消化器内科です。消化器内科は消化管である、食道、胃、大腸、小腸をはじめ、肝臓、膵臓、胆嚢、胆管(胆・膵)などの病気を診察・治療します。別の言い方をすれば、食べ物の消化・吸収に関わる臓器である消化器疾患の診断・治療をする科目です。

 

ちなみに私も10数年前の夏に、激痛の胃炎で緊急入院したことがあり、総合病院で消化器内科の先生に大変お世話になり、今でも感謝しております。

 

>>★消化器内科の医師求人が豊富な転職サイトはこちら

消化器内科の現員医師数と必要医師数

消化器内科の現員医師数と必要医師数をグラフと表でご覧ください。
※内科系の中で内科(単独)を除く (内科を含めたグラフはこちら
■消化器内科・現員医師数(単位:人)
消化器内科 現員医師数

 

■消化器内科・必要医師数(単位:人)
消化器内科 必要医師数

 

消化器内科現員&必要医師数表
出典:厚生労働省データ 平成22年必要医師数実態調査(グラフは当編集部で作成)

消化器内科の現員医師数は、7,691人で必要医師数は1,066人です。内科系では循環器内科の次に現員医師数も必要医師数も多い診療科目です。

消化器内科 医師求人募集状況

晴れマーク

内科系の診療科目の中で、医師の求人募集が多いのが消化器内科です。医療機関の規模に関わらず、多くの病院で求人募集があります。医療機関の規模別では、大病院・総合病院では、ベテラン医師より若手医師(30歳代)の求人募集が多く、小規模の一般病院ではベテラン医師の求人募集が主になっている傾向があるようです。

 

内視鏡、超音波内視鏡などの医療機器の進歩とともに、内視鏡手術など検査だけでなく手術も取り扱う、言わば外科のような感じの内科です。
消化器内科のポイントは、内視鏡の検査&治療の経験度が重要です。

 

【消化器内科の転職成功例】
◎医師転職ドットコム(メディウェル)転職成功例
男性医師(40歳後半)
転職時の希望:消化器内科の外来・当直無し

 

【転職前】

  • 勤務地 :東京都
  • 診療科目:消化器科
  • 年 収 :1500万円
  • 勤 務 :週5日勤務
  • 職務内容:外来、病棟管理

 

【転職後】

  • 勤務地 :神奈川県
  • 診療科目:消化器科
  • 年 収 :1800万円
  • 勤 務 :週4.5日
  • 職務内容:外来、検査、病棟管理

 

★メディウェル公式サイトはこちら >>医師転職ドットコム


消化器内科の医師求人情報が豊富な転職サイトTOP3

【推奨】消化器内科医師求人・転職に強い大手転職エージェント
下記の無料公式サイトに登録すると、非公開求人情報をはじめコンサルタントの相談など全てのサービスが無料でご利用できます。

※厚生労働大臣から許可を得た事業者ですので安心してご利用ください。
(キャンセル可・複数登録比較OK)

 

>>医師求人ランキングTOPへ