呼吸器内科の医師求人募集情報|医師求人ランキングBEST5

呼吸器内科(呼吸器科)は癌や肺炎、感染症など多くの病状を診察・治療する診療科目で、わかり易い症状では、咳や痰に関係する疾患、胸の痛み、息苦しい、睡眠中の鼾(いびき)などの診察・治療をします。

 

また、呼吸器内科は消化器内科、循環器内科などと比較すると、手術数が少ないのも特徴で、どちらかと言うと診断が主流の科目です。

 

呼吸器内科は内科系医師求人数では上位にあり、内科系の中では循環器内科、消化器内科(胃腸内科)と並んで求人募集の需要は高い診療科目です。下記のデータをご覧ください。

 

>>★呼吸器内科の医師求人が豊富な転職サイトはこちら

呼吸器内科の一般病院数

◎内科系診療科目別にみた一般病院数
呼吸器内科の一般病院数は2631施設で、内科系診療科目の中で、消化器内科、循環器内科の次に多い科目です。
呼吸器内科の一般病院数グラフ
呼吸器内科は神経内科より若干多く、一般病院数の増加傾向も良く似ています。

  • 平成25年:呼吸器内科(2631)/神経内科(2331
  • 平成24年:呼吸器内科(2589) /神経内科(2282

この2科目の上記2年間の一般病院数の増加数を比較すると、呼吸器内科(42施設)、神経内科(49施設)でした。

呼吸器内科の現員医師数と必要医師数

呼吸器内科の現員医師数と必要医師数をグラフと表でご覧ください。
※内科系の中で内科(単独)を除く (内科を含めたグラフはこちら
■呼吸器内科・現員医師数(単位:人)
呼吸器内科現員医師数グラフ

 

■呼吸器内科・必要医師数(単位:人)
呼吸器内科必要医師数グラフ

 

呼吸器内科必要医師数表
出典:厚生労働省データ 平成22年必要医師数実態調査(グラフは当編集部で作成)

呼吸器内科の現員医師数は、4,003人で必要医師数は801人です。内科系では循環器内科、消化器内科(胃腸内)の次に現員医師数も必要医師数も多い診療科目です。

呼吸器内科の求人募集状況

呼吸器内科は診療科目別求人数では常に上位にあり、内科系の中では循環器内科、消化器内科と並んで求人募集の需要は高い科目です。

 

呼吸器科の求人募集については、一般病院をはじめ総合病院、療養型病院、診療所・クリニック、老健施設など各施設であり、地域的にも全国の都道府県の施設から広範囲に求人需要があります。

 

高齢化に向かう日本において、療養型の病院、通院困難な患者などの在宅医療の必要性が高まるのに比例して呼吸器内科の需要は全国各都市で今後益々高まる傾向にあります。

【呼吸器科の転職成功例】
医師転職ドットコム(メディウェル)転職成功例
男性医師(40歳代)
転職理由:地元にUターン
【転職前】
勤務地  :愛媛県
診療科目 :呼吸器科
年 収  :約1300万円 
勤 務  :週5日勤務・月に当直6回
職務内容 :外来、検査、病棟管理

 

【転職後】
勤務地  :兵庫県
診療科目 :呼吸器科
年 収  :約1800万円
勤 務  :週4.5日勤務
職務内容 :外来、検査

呼吸器内科の医師求人情報が豊富な転職サイトTOP3

【推奨】呼吸器内科の医師求人・転職に強い大手転職エージェント
下記の無料公式サイトに登録すると、非公開求人情報をはじめコンサルタントの相談など全てのサービスが無料でご利用できます。

※厚生労働大臣から許可を得た事業者ですので安心してご利用ください。
(キャンセル可・複数登録比較OK)

 

>>医師求人ランキングTOPへ