神経内科の医師求人募集情報|医師求人ランキングBEST5

神経内科は神経に関する全身の病気がその対象になります。脳、脊髄、神経、筋肉に関する病気のために(精神的な問題からでは無く)体が不自由になる場合は神経内科です。

 

代表的な神経内科の病気として、脳卒中認知症パーキンソン病てんかん等があります。また、よく似た診療科名に主に精神的な問題を取り扱う、精神科、神経科、精神神経科、心療内科や、手術を行う外科の脳神経外科もあります。

 

患者側からすると、各科の内容を確認してみないと区別がしにくいかも知れませんね。まずは全身を神経内科で診察した後に、各科に紹介するパターンもあります。

 

>>★神経内科の求人が豊富な転職サイトはこちら

神経内科の一般病院数

◎内科系診療科目別にみた一般病院数
神経内科の一般病院数は2331施設です。(平成25年)内科系科目の一般病院数で見ると、神経内科は、消化器内科や循環器内科、呼吸器内科に比べては少ないですが、求人募集数は、全体的に幅広く、増加しており今後の需要も期待できる科目です。
神経内科一般病院数グラフ
※出典:厚生労働省データ 平成20年〜25年(グラフは当編集部で作成)

神経内科の一般病院数は、平成20年(2,088施設)から平成25年(2,331施設)まで6年間毎年増えています。(5年間で11.6%増加

神経内科の現員医師数と必要医師数

神経内科の現員医師数と必要医師数をグラフと表でご覧ください。
※内科系の中で内科(単独)を除く (内科を含めたグラフはこちら
■神経内科・現員医師数(単位:人)
神経内科の現員医師数グラフ

 

■神経内科・必要医師数(単位:人)
神経内科の必要医師数グラフ

 

神経内科の現員医師数と必要医師数表
出典:厚生労働省データ 平成22年必要医師数実態調査(グラフは当編集部で作成)

現員医師数は3528人で、必要医師数は712人で循環器科、消化器科、呼吸器科に次いで多い科目です。

神経内科の医師求人募集状況

晴れマーク

神経内科の医師求人募集は全体的に増加傾向で、脳神経外科病院やリハビリテーション関連施設の病院が多いのが特徴です。医療施設の規模は、小規模より中規模〜大規模の施設からの求人募集が多い状況です。

 

また施設のタイプも幅広く、急性期病院、療養型病院、回復期リハビリテーション関連の病院など様々なところから求人募集があります。高齢化する日本には、今後、ますます需要が高まる重要な診療科目と言えるでしょう。

 

◎神経内科の医師求人募集例

神経内科医

(例1)
【科目】神経内科
【地域】東京都
【勤務】週4.5日勤務 常勤
【給与】年収 1,300〜1,800万円
【内容】外来、病棟管理
【備考】当直手当別途支給

 

(例2)
【科目】神経内科
【地域】大阪市
【勤務】週5日勤務 常勤
【給与】年収 1,600万円〜1800万円
【内容】外来、病棟管理
【備考】週1回当直含


神経内科の医師求人情報が豊富な転職サイト

【推奨】神経内科医師求人・転職に強い大手転職エージェントTOP3
下記の無料公式サイトに登録すると、非公開求人情報をはじめコンサルタントの相談など全てのサービスが無料でご利用できます。

※厚生労働大臣から許可を得た事業者ですので安心してご利用ください。
(キャンセル可・複数登録比較OK)

 

>>医師求人ランキングTOPへ