整形外科医師求人情報|医師転職サイトなら医師求人ランキング

整形外科 医師求人募集情報|医師求人ランキングBEST5

整形外科医は骨折、腰痛、骨粗鬆症など、骨・間接のスペシャリスト。患者数も高齢化に伴い、増加傾向です。生命に係わる重篤患者は少なく、結果がわかりやすので医師としてはやりがいを実感できる外科系科目と人気があります。ちなみに、日本整形外科学会の資料によると、整形外科は約100年前に日本に導入された診療科目とのことです。

 

整形外科の専門医療領域は大変幅広く、脊椎、脊髄、骨盤、上肢(肩、肘、手)、下肢(股、膝、足)、関節、関節リウマチ、骨代謝、骨粗鬆症、マイクロサージャリー、外傷整形外科、小児整形外科、スポーツ医、運動器リハビリテーション 等多数あり、各専門医療領域ごとに医師求人の需要があります。

 

診察・治療対象年齢は、新生児や子供から学生、成人、高齢者に至るまで幅広いのが特徴です。(実際に整形外科の待合室に行くと、子供から、学生、高齢者まで本当に幅広く患者層がいることを実感します。)

 

>>★整形外科の求人が豊富な転職サイトはこちら

整形外科の一般病院数

整形外科の一般病院数は外科系の中で一番多く、平成25年10月時点で4956施設あります。年次推移を見てみると、平成20年5085施設から年々少しずつですが一般病院数は減少しています。(5年間で129施設減少)
整形外科の一般病院数グラフ
※出典:厚生労働省データ 平成20年〜25年(グラフは当編集部で作成)

整形外科の現員医師数と必要医師数

整形外科の現員医師数は一般外科に次に多く12,374人で、必要医師数は、一般外科を抜いて1963人と群を抜いて多いのがグラフからわかります。
■整形外科・現員医師数(単位:人)
整形外科の現員医師数グラフ

 

■整形外科・必要医師数(単位:人)
整形外科の必要医師数グラフ

 

整形外科の医師求人募集状況

整形外科は骨折、捻挫、脱臼や靭帯損傷など、高齢化する日本では需要が高い診療科目です。整形外科医の求人募集をエリア的にみると、各都道府県において医師求人募集ニーズがあります。施設別でも総合病院から一般病院、専門病院をはじめ診療所・クリニックに至るまで大規模〜小規模まで幅広く求人募集があり常に人気のある科目と言えるでしょう。

◎整形外科医師募集(参考例)
整形外科医求人募集例(1)
【科目】整形外科
【地域】東京都
【勤務】週4〜4.5日勤務 常勤
【給与】年収 1600〜1800万円(応談可)
【内容】外来、病棟管理、検査、手術
【備考】経験6年以上、当直なし、年齢50歳まで(応談可)

 

整形外科医求人募集例(2)
【科目】整形外科
【地域】神奈川県
【勤務】週5日勤務 常勤
【給与】年収 1,500万円
【内容】外来、病棟管理
【備考】手術なし、当直なし

整形外科医師の求人情報が豊富な転職サイト

【推奨】整形外科医師求人・転職に強い大手転職エージェント
整形外科医師求人募集の非公開求人情報が豊富で、転職成功実績が多いのは下記の転職サイトです。
・メディウェルの医師転職ドットコムは、整形外科求人数:約3800件以上(2012年12月時点)保有。

※厚生労働大臣から許可を得た事業者ですので安心してご利用ください。
(キャンセル可・複数登録比較OK)

 

>>医師求人ランキングTOPへ