外科・一般外科 医師求人募集情報|医師求人ランキング

外科は手術を主として創傷、疾患の治療をする診療科ですが、重篤で緊急性の高い患者が多い。また外科系の科目によっては、夜中でも緊急の手術が入るため、外科医師はストレス過多&オーバーワーク気味になりがちのようです。

 

外科系の診療科目には、一般外科、整形外科、脳神経外科、泌尿器科、消化器外科、循環器外科、形成外科、呼吸器外科、乳腺外科、肛門外科、気管食道外科、美容外科などがあり、その中でも外科医師求人募集については、整形外科脳神経外科、一般外科のニーズが特に高い。(下記の医師必要数を参照ください)

 

一人前に手術ができる外科医になるためには、それなりに経験と場数を踏む必要がある。また、外科医は生まれ持ったセンスの科目とも呼ばるケースもある。(これは手術の執刀する時のことを表現しているのかもしれません。)

 

人の命を救うということでは大変やりがいがある診療科目ですが、最近は若手の医師が激務の外科医を敬遠する傾向があるようです。逆に病院側では若手医師の需要がアップしていると言えます。

 

>>★外科の求人が豊富な転職サイトはこちら

 

◎東大病院の外科系科目(参考例)

外科医

  • 一般外科
  • 脳神経外科
  • 心臓外科
  • 胃・食道外科
  • 大腸・肛門外科
  • 肝・胆・膵外科
  • 血管外科
  • 乳腺・内分泌外科
  • 人工臓器・移植外科
  • 呼吸器外科
  • 麻酔科・痛みセンター
  • 泌尿器科・男性科
  • 女性外科

外科系科目の一般病院数

外科系の一般病院数のデータによると、整形外科が突出して多く4956施設、次いで外科(一般外科)4745施設になっている。平成23年から平成25年の3年間の一般病院数の増減推移をみると、伸びているのは、脳神経外科、呼吸器外科、乳腺外科、形成外科、心臓血管外科(循環器外科)である。詳細については各科目のページでご紹介させていただきます。
外科系科目の一般病院数グラフ
※消化器外科(胃腸外科)、心臓血管外科は循環器外科を含む
※出典:厚生労働省データ 平成25年 (グラフは当編集部で作成)

外科系科目の現員医師数と必要医師数

外科系科目の現員医師数と必要医師数をグラフと表でご覧ください。
■外科系科目・現員医師数(単位:人)
外科系科目の現員医師数グラフ

 

■外科系科目・必要医師数(単位:人)
外科系科目の必要医師数グラフ

 

多い順にソートしたところ、整形外科の必要医師数が一般外科の必要医師数を上回った。冒頭でも述べたように、整形外科(1963人)、脳神経外科(999人)、一般外科(1315人)必要数(ニーズ)が特に高い。私も骨折や肉離れで長期間、整形外科に通院しましたが、今後高齢化に向かう日本にとっては、必要不可欠な診療科目と言えるでしょう。

外科系科目の医師求人募集状況

外科系科目の医師求人募集は全国の都道府県の様々な医療施設(一般病院、総合病院、大学病院 等)から幅広くあります。一般的に外科は独立して開業医となるケースは内科と比べて少ないようです。(但し、外科系の科目による。)

 

◎外科の医師求人募集例
外科求人募集例(1)
【科目】外科
【地域】埼玉県
【勤務】週5日勤務 常勤
【給与】年収 1,500〜1,800万円
【内容】外来、病棟管理
【備考】経験により年収2000万円可能

 

外科求人募集例(2)
【科目】外科
【地域】北海道
【勤務】週5日勤務 常勤
【給与】年収 1,800万円〜2,500万円
【内容】外来、病棟管理、健診 他
【備考】医師住宅有

外科医師求人情報が豊富な転職サイト

【推奨】外科医師求人・転職に強い大手転職エージェント
外科医師求人募集の非公開求人情報が豊富で、転職成功実績も多いのは下記の転職サイトです。
・メディウェルの医師転職ドットコムは、外科求人数:約3500件(2013年6月時点)保有。
・リクルートドクターズキャリアでは約2000件以上保有。
下記の無料公式サイトに登録すると、好条件の非公開求人情報をはじめコンサルタントの相談など全てのサービスが無料でご利用できます。

※厚生労働大臣から許可を得た事業者ですので安心してご利用ください。
(キャンセル可・複数登録比較OK)

 

 

【おすすめ医師コンテンツ】
>>医師賠償責任保険の比較

 

>>病院グループ売上ランキング

 

>>医師求人ランキングTOPへ