脳神経外科 医師求人募集情報|医師求人ランキングBEST5

このページでは脳神経外科についての一般病院数の年間推移から医師現員数と必要医師数をはじめ、医師求人募集状況〜脳神経外科の医師転職に強い大手転職エージェントについての情報をまとめました。

 

脳神経外科は、脳、脊髄、末梢神経、付随する骨、血管、筋肉など神経系疾患全般に関わる科目です。心臓外科と同じように、昼夜問わずハードで患者の命に関わる手術等、他の科目と比較するとリスクが高いため若手医師は、敬遠する傾向があるのに対して、医療施設からは若手医師の求人募集が多数あるのも特徴です。

 

脳神経外科の診断や治療で使用する機器の例として、EEG(脳波測定装置)、CTスキャン、CT(3D)、MDCT、Xe CT(脳血流測定用)、MRI・DSA(血管撮影)、ARB(誘発脳波測定装置)等があります。

 

>>★脳神経外科の求人が豊富な転職サイトはこちら

脳神経外科の一般病院数

一般病院数の平成21年(2009年)〜平成25年(2013年)までのデータを見ると、(平成21年) 2482施設〜(平成25年)2520施設(38施設増加)と毎年少しずつ着実に増えています。これは脳神経外科のニーズが、高齢化が進む日本において、年々増えていることを表していると言えるでしょう。
脳神経外科の一般病院数推移グラフ
脳神経外科の一般病院数推移表
※出典:厚生労働省データ (グラフは当サイト編集部で作成)

脳神経外科の現員医師数と必要医師数

脳神経外科の現員医師数は5755人、医師必要数は外科系科目の中で3番目に多く999人になっています。患者は高齢者が多く、深夜に脳梗塞、クモ膜下出血の急患が搬送されて手術をするケースもありますが、人命救助と言う意味では大変重要な役割で、やりがいのある職種と言えます。

 

■脳神経外科・現員医師数(単位:人)
脳神経外科の現員医師数グラフ

 

■脳神経外科・必要医師数(単位:人)
脳神経外科の必要医師数グラフ
出典:厚生労働省データ 平成22年必要医師数実態調査(グラフは当編集部で作成)

脳神経外科の医師求人募集状況

高齢化が進む日本社会において、脳神経外科は必要不可欠な診療科目であり、総合病院をはじめ専門病院からリハビリテーションを含めた医療機関からの求人募集ニーズは高い傾向にあります。上記の医師必要数のグラフにおいても、外科系科目の中で3番目に多く、今後、脳神経外科医の求人需要は増加傾向にあります。また、脳神経外科は手術〜リハビリと幅広く募集があり、専門性が高いこともあり、医師の給料も他の科目と比較すると高めになっているのが特徴です。

◎脳神経外科医師募集(参考例)
脳神経外科求人募集例(1)
【科目】脳神経外科
【地域】福岡県
【勤務】週4.5日勤務 常勤
【給与】年収 1,500〜1,800万円
【内容】ERで救急患者の診療、治療

 

脳神経外科求人募集例(2)
【科目】脳神経外科
【地域】静岡県
【勤務】週5日勤務 常勤
【給与】年収 1,600万円〜2000万円
【内容】外来、病棟診療、手術
【備考】経験3年以上

脳神経外科医師の求人情報が豊富な転職サイト

【推奨】脳神経外科医師求人・転職に強い大手転職エージェント
脳神経外科医師求人募集の非公開求人情報が豊富で、転職成功実績が多いのは下記の転職サイトです。
・メディウェルの医師転職ドットコムは、脳神経外科求人数:約1500件以上(2013年6月時点)保有。

 

下記の無料公式サイトに登録すると、好条件の非公開求人情報をはじめコンサルタントの相談など全てのサービスが無料でご利用できます。

※厚生労働大臣から許可を得た事業者ですので安心してご利用ください。
(キャンセル可・複数登録比較OK)

 

【おすすめ医師コンテンツ】
>>病院ランキング(脳卒中治療数)

 

>>医師賠償責任保険の比較

 

>>医師の給料・年収特集