乳がん症例数(がん診療連携拠点病院)

がん診療連携拠点病院の部位別症例数で4番目に多かったのは、乳がんでした。ここでは、乳がん症例数を病院別と都道府県別に集計してランキング形式にまとめました。

 

乳がん症例数イメージ

 

がん診療連携拠点病院症例数TOP5(部位別)

部位別症例数(男女計)で見ると、女性の乳がん(64,195)は4位です。
乳がん症例数グラフ

乳がん症例数が多かったがん拠点病院TOP50

乳がん症例数(がん診療連携拠点病院)の上位50施設をピックアップしました。(集計対象施設数:421施設)

順位

医療施設名

所在地

乳がん症例数

1

がん研究会有明病院

東京

1,152

2

聖路加国際病院

東京

1,048

3

聖マリアンナ医科大学病院

神奈川

897

4

相良病院

鹿児島

703

5

国立がん研究センター中央病院

東京

638

6

埼玉医科大学国際医療センター

埼玉

585

7

埼玉県立がんセンター

埼玉

581

7

亀田総合病院

千葉

581

9

昭和大学病院

東京

555

10

東京都立駒込病院

東京

526

11

静岡県立静岡がんセンター

静岡

511

12

北九州市立医療センター

福岡

503

13

北海道がんセンター

北海道

499

13

神奈川県立がんセンター

神奈川

499

15

順天堂大学医学部附属順天堂医院

東京

498

16

愛知県がんセンター中央病院

愛知

493

17

東京都立多摩総合医療センター

東京

454

18

広島市立広島市民病院

広島

435

19

国立がん研究センター東病院

千葉

423

20

四国がんセンター

愛媛

411

21

三重大学医学部附属病院

三重

408

22

静岡県立総合病院

静岡

388

23

熊本市立熊本市民病院

熊本

386

24

東海大学医学部付属病院

神奈川

382

25

大阪府立成人病センター

大阪

346

26

九州がんセンター

福岡

340

27

自治医科大学附属病院

栃木

338

28

千葉大学医学部附属病院

千葉

330

29

東京医科大学病院

東京

329

30

佐久総合病院佐久医療センター

長野

328

31

さいたま赤十字病院

埼玉

325

32

広島大学病院

広島

321

33

虎の門病院

東京

316

34

日本大学医学部附属板橋病院

東京

313

35

兵庫県立がんセンター

兵庫

306

36

九州大学病院

福岡

302

37

栃木県立がんセンター

栃木

301

37

杏林大学医学部付属病院

東京

301

39

大阪大学医学部附属病院

大阪

300

40

群馬県立がんセンター

群馬

297

41

東北大学病院

宮城

295

42

獨協医科大学越谷病院

埼玉

294

43

札幌医科大学附属病院

北海道

292

43

横浜労災病院

神奈川

292

45

岡山大学病院

岡山

284

46

関西医科大学附属枚方病院

大阪

283

47

京都大学医学部附属病院

京都

276

48

北里大学病院

神奈川

274

49

新潟県立がんセンター新潟病院

新潟

272

49

大阪市立大学医学部附属病院

大阪

272

※出典:国立がん研究センター(2014年集計データ)
※上記グラフと表は当サイト編集部で作成

 

全国のがん拠点病院イメージ

がん研究会有明病院(乳がん登録症例数第1位)

がん研究会有明病院
公益財団法人 がん研究会有明病院
所在地:〒135-8550 東京都江東区有明3-8-31

 

上記の表のように、がん診療連携拠点病院の乳がん症例数1位はがん研究会有明病院でした。担当診療科である乳腺センターの乳がんの治療実績(2015年)をホームページから見てみましょう。

がん研究会有明病院・乳腺センター入院手術数

手術内容

手術数

初回手術数(入院+外来)

1020

・乳房温存

397

・乳房切除

623

(うち同時再建を伴う)

277

その他

182

・良性手術

48

・再発手術

51

・追加手術

64

・上記以外

19

合 計

1202

乳がん患者向けケアウェアの共同開発
がん研究会と東レ(株)は、乳がん患者様が治療中にも快適に着用できる新しいインナータイプのケアウェアの開発を2014年07月10日に発表している。

乳がん症例数(がん診療連携拠点病院)

現在、国内の部位別がん死亡数で乳がん(女性)は5位です。女性の登録症例数(部位別)トップ5と乳がんの登録症例数5年間の推移グラフをまとめました。

 

女性のがん登録症例数トップ5

女性がん症例数トップ5

乳がん(女性)登録症例数5年間の推移

乳がん症例数5年間の推移グラフ

乳がん症例数5年間の推移
女性のがん症例数の中で乳がんは、突出して多く66,069あり、5年間の登録症例数の推移では年々増加している。
女性患者
・2010年:54,231⇒2014年:66,069
5年間で11,838増(21.8%UP)

※主ながんの全登録数の推移(上皮内癌等を含む)
※出典:国立がん研究センター がん対策情報センター(2014年)

都道府県別乳がん症例数(がん診療連携拠点病院)

乳がん症例数について、がん診療連携拠点病院を都道府県別に集計してみると下記の順番になる。トップの東京都は全国の14%あり、2位の神奈川県の約2.18倍、宮崎県の約41倍の症例数がある。(全国合計は64,195)

■上位のエリア3
1 東京都:8,,994
2 神奈川県:4,126
3 大阪府:3,333

 

■下位のエリア3
45 鳥取県:305
46 高知県:286
47 宮崎県:219
※出典:国立がん研究センター がん対策情報センター(2014年)